産後うつになり身体が動かなく、首や肩のこりがひどかったのが改善しました!

3人のお子さんがいらっしゃる

患者さんがお見えになりました。

 

三ヶ月前にこちらへ引っ越してきて

環境になれず、うつになってしまいました。

 

最初は身体が全く動かなくなり

寝込んでいたそうです。

 

もともとはアクティブな方で

引っ越す前にはいろんなアウトドアをして

楽しんでいました。

 

うつの原因は医学的には分かっていませんが

環境の変化、生活リズムの乱れ、人間関係の悪化、

長時間労働、睡眠不足、運動不足がうつになる

きっかけと言われています。

 

うつの対処法としては、早起きして光を浴びる、

週2回、30分の有酸素運動、6時間以上の睡眠です。

 

この中で一番大事なのは睡眠です。

うつの多くの方は寝つきが悪い、目が覚める、

睡眠が浅い、熟睡できない、睡眠時間が短い

睡眠薬を飲まないと眠れないです。

 

症状がひどいと朝起きるのも困難で

外に出ることが億劫になり引きこもりがちに

なります。

 

ですのでまずは睡眠時間を確保することが

最優先だとうつを経験している私は思っています。

 

睡眠は最初の2,3時間が一番眠りが深いので

例え短時間睡眠であっても寝つきが早ければ

良くなっていきます。

 

眠れないからといって焦ると不安になり

さらに眠れなくなります。

 

よく眠れるために自分でできることは

熱いお風呂に入らず、40度以下のぬるま湯に入る。

寝る前にスマホはやらない。寝る3時間前までに

食事を済ませておく。カーテンを閉めて暗くする。

昼寝は30分以内。晩御飯はたくさん食べない。

夜は運動しない。眠くなったら直ぐに寝る。

どうしても眠れない時は睡眠薬を服用する。

寝る前にコーヒーなどカフェインをとらない。

リッラクスできる音楽を聴く。

 

いろいろありますが、できることから

やってもらえればいいかと思います。

 

うつ病の施術としては

脳が興奮しているので、リラックスする神経である

副交感神経の機能を高めます。

 

副交感神経は脳とお尻からが出ているので

頭である頭蓋骨とお尻の骨である仙骨を調整することが

メインになってきます。

 

上記の患者さんは3回目の施術から

身体が動くようになり、外出もできるようになりました。

 

抱っこが辛い、朝がつらいのも改善され

今では自転車で当院に来てくれるので

このまま良くなっていくと思います。

 

今、ストレス社会でうつ病の方が多いですが

根本的に治すには、長時間労働をやめる、

義務感や責任感を強く持たない、完璧主義を

やめる、良い人を演じず自然体で人と接する、

適度な有酸素運動、早寝早起き、無理をしない、

やりたくないことはできるだけやらない、

楽しいことをみつける、テレビなど見て

笑う、じっとせず動ける時は動く、意識を

外に向ける、医者やカウンセラーに相談する。

 

いろいろあげましたが、これもできる

ことからやってもらえればいいかと思います。

 

最初からうつ病を改善させるために頑張り

過ぎると悪化するので自分で自分を観察しながら

コントロールすることが大切です。

 

もしも自分の状態がどうなのか分からない場合は

家族の人に聞いてみましょう。

 

その他の記事