ヘルニアのよる坐骨神経痛で痛みやしびれが続き悩んでいます。

春日井市 接骨院

昨年、整形外科のMRIでヘルニアと診断され

右側の坐骨神経痛で悩んでいる患者さんが来院

されました。

 

話を聞いてみると薬を飲んでも悪化して

いろんな病院や整体に行っても良くならず

困って当院へ電話をしてくれました。

 

水道検針の仕事をしている患者さんは

 

「卵巣膿腫の手術が原因しているのですか?」

 

と聞いてきましたが、手術してから何年も経っているのと

検査したその可能性が低いことが分かりました。

 

どんな時に座骨神経痛が出るか問診で聞いてみると

座っているときや立っているときです。

 

毎日痛いので、鎮痛薬のロキソニンを飲み続けている

そうです。

 

去年から痛みが腰から右のお尻、右の股関節、右足のすねに

症状が出ているのですが、ヘルニアが完治せず坐骨神経を

圧迫し続けているのだと思います。

 

軽度のヘルニアによる坐骨神経痛は痛みやしびれが

出ても我慢できます。長期間続くことはよくあり

症状も良くも悪くもならないので何も処置をせず

放置している人が多いです。

 

病院で診てもらっても、ひどくないと

 

「安静にして様子をみましょう」

 

と言われリハビリなどの治療は行われず、痛み止めの薬や

湿布を出されて終わります。

 

座骨神経は腰から始まり、お尻から太もも、すね

足まで通っています。

 

軽度のヘルニアであっても坐骨神経を圧迫して

症状が出ているのでヘルニアを治さないと

根本的には良くなりません。

 

ヘルニアの治療は一般的には牽引療法といって

腰を引っ張るのですが、軽度であれば良くなります。

しかし、中度から重度であれば一時的に良くなっても

再発することが多いです。

 

なので、ヘルニアに効果的な特殊な治療が

必要になってきます。この治療によって直ぐに

良くなる人もいれば、徐々に良くなる人もいます。

 

すべてのヘルニアが治るわけではありませんが

一日ずーっと痛みやしびれがあり、眠れず歩行困難で

なければ良くなる可能性があります。

 

座骨神経痛は悪化すると痛みやしびれが足に向かって

下がってきます。逆に良くなると痛みやしびれが腰の方へ

向かって上がってきます。

 

ヘルニアによる坐骨神経痛があり長期間続いていれば

直ぐに治療を開始することをお勧めします。

 

悪化すると手術しないと治らないこともあるからです。

その他の記事