物や人を殴った時に発生するボクサー骨折とは?

ボクサー骨折とは?

・壁や物、人を殴った時に発生する骨折で、

手の中手骨頸部という部分に骨折が発生します。

 

・プロボクサーなどのハードパンチャーでは第2.3中手骨に

骨折が多く発生し、素人では第4.5中手骨の多く発生します。

 

なので一般人の喧嘩などで発生するのはほとんどが第4.5中手骨の

骨折です。

 

 

 

ボクサー骨折の原因は?

・壁や物、人を殴った際に発生します。

 

・最近では、ゲームセンターなどにあるパンチングマシーンで

発生するケースも増えてきているそうです。

 

 

 

ボクサー骨折の症状は?

・手が動かせないなどの運動障害が骨折の痛みにより

発生します。

 

・患部の腫れや熱感。

 

・患部の変形。

骨折部が手の甲側に出っ張るので見た目で変形が

確認できます。

 

・こぶしを握った時の中手骨頭の出っ張りの消失。

患部の腫れや変形によってこぶしを握った時の出っ張りが

無くなります。

 

 

 

 

 

ボクサー骨折の治療や注意すべき合併症は?

・骨折の整復後の固定としては、

手指を曲げてこぶしを握る感じで固定していきます。

 

・合併症

ボクサー骨折は治療の際に変形したまま固定されその状態で

骨がくっつくと合併症を残します。

それは、オーバーラップフィンガーと言い、手指を伸ばしている分には

何も問題はありませんが、こぶしを握る際に手指がねじれてしまい上手く

指を曲げることができなくなってしまいます。

 

 

 

 

その他の記事