腰を反らすと痛い椎間関節症とは?

去年の11月にぎっくり腰になり、それから

腰痛と背中のハリが続き、どこへ行っても治らない

患者さんがお見えになりました。

 

腰痛以外にも左足のつけ根がガクガクして

もやもやした感じがするそうです。

 

検査した結果、腹筋の低下と体重の増加によって

お腹が前に出てしまって反り腰になっていることが

原因だと分かりました。

 

反り腰になると、腰の骨と骨の間が狭くなり、

腰を反らすときに骨同士がぶつかって痛みが出ます。

逆に腰を前に倒す前屈は痛みが消えます。

 

これを椎間関節症と言うのですが、スポーツをやっている

若い人から中年の方まで幅広くみられる疾患です。

 

施術は腰を反らす筋肉である、腸腰筋を緩めて

反っている腰椎を矯正します。

 

ひどくなければ、施術後、その場で痛みが軽減することを

感じられます。

その他の記事