膝の裏が膨らむベイカー嚢腫の原因は?

  • 膝の裏が膨らんでいる
  • 膝の裏につっぱり感がある
  • 膝が普通の人よりも反っている
  • 膝に水(関節液)が溜まっている
  • 膝に病気(疾患)がある

ベイカー嚢腫とは?

・腫とついているので何か腫瘍ができる疾患かと

思う方もいるかもしれませんが違うので安心してください。

 

・ベイカー嚢腫とは、膝の水(関節液)が膝の関節空に

溜まり、最初は関節内に溜まっていた関節液がだんだん膝の

後ろ(膝窩)に移動していき、移動したままその場にとどまってしまう結果

膝の裏が膨らんで腫瘍のように見えてしまう疾患です。

 

 

 

 

ベイカー嚢腫の原因は?

・膝に水(関節液)が溜まる。

膝に水がたまる原因として、、

・変形性膝関節症

・関節リウマチ

など膝関節内で炎症が起きている疾患で水が

溜まりやすい傾向にあります。

 

・膝が普通よりも反っている。

膝が反っていると、膝関節内に溜まっていた水が

膝の後方へ流れ込みやすくなり膝の後方に水が溜まります。

 

 

 

ベイカー嚢腫の症状は?

・膝の裏のつっぱり感

 

・膝の裏の圧迫感

 

・膝の裏の痛み(ない場合が多いがまれに痛みを伴う)

 

 

 

ベイカー嚢腫の治療法は?

・基本的には注射を刺して関節内の水を抜く

作業を数回行い、関節内の水を減らす治療が行われます。

 

・特に痛みもなくそこまで苦にはならないけど気になる方は

一度病院に行かれることをお勧めします。

 

 

 

その他の記事