歩くと前傾姿勢になってしまい、腰からお尻にかけて痛い脊柱管狭窄症とは?

  • 真っ直ぐ立てない
  • 朝、起き上がるときが痛い
  • 動き始めが痛い
  • 立ったり座ったりするのが困難
  • 横になると楽
  • 足が上げにくい
  • 座っていると痛みが軽減する

腰からお尻にかけて痛みがあり、前傾姿勢でしか

歩けない患者さんがお見えになりました。

 

寝返りも困難で、とにかく寝ている以外は常に

痛いそうです。

 

右のお尻に強く痛みが出ていて、右足に

力が入らない状態です。

 

検査した結果、脊柱管狭窄症の疑いがある

ことが分かりました。

 

脊柱管狭窄症とは脊髄神経を包んでいる

脊柱管という管が何らかの原因で外から圧迫され

狭くなり腰からお尻、足にかけて痛みやしびれが

出る疾患です。

 

高齢者に多く、歩くと痛くて足を引きずってしまい、

座って休むと楽になり、また歩けるという特徴があります。

 

治療は狭くなった脊柱管を広げます。

どうやって広げるかと言いますと腰を丸めるように

ストレッチすると脊柱管は広がります。

 

症状がひどい時には直ぐには脊柱管は広がらないので

治るまでに時間がかかります。また、高齢者の場合には

優しく施術を行わないと悪化してしまうので注意が必要です。

 

その他の記事