バイク事故や機械の巻き込み事故の後に腕が動かなくなる腕神経叢損傷の症状は?

  • 腕が上がらない、曲がらない
  • バイクで事故をした
  • 機械に巻き込まれる事故をした
  • スキーで高速滑走中に転倒した
  • 腕や手先の感覚が鈍いもしくは感覚がない

腕神経叢損傷とは?

・腕神経叢とは頸椎(首の骨)から出ている神経の束のことで

さまざまな神経がいりくみながら首から指先までの感覚や筋を

支配しています。

 

・バイクの事故や、機械への巻き込み事故、

スキーで肩から転倒した時に、

頭部と肩が引き離されるような力が加わった時に

腕神経叢が損傷を受ける疾患です。

 

・腕神経叢を損傷する時に、神経が出ている椎間孔という

穴から神経が引っこ抜かれるように損傷するので、

引き抜き損傷ともいわれています。

 

 

 

腕神経叢損傷の原因は?

・バイクでの事故。

 

・スキーの高速滑走中に肩からの転倒。

 

・仕事中の機械への巻き込み事故。

 

・分娩時に、赤ちゃんの肩がひっかり

赤ちゃんが腕神経叢を損傷する場合。

 

などがあります。

 

・これらの原因で腕神経叢を損傷した場合に

共通して言えることは、頭部と肩が引き離されるような

力が加わり腕神経叢が損傷するということが言えます。

 

 

 

 

腕神経叢損傷の症状は?

・腕神経叢は5つの椎間孔(C5~T1)から出ていますが、

この中のどの部分が損傷されるかによって、

出てくる症状が変わってきます。

 

第5頸髄神経(C5):肩を動かす運動。

第6頸髄神経(C6):肘を曲げる運動。

第7頸髄神経(C7):肘を伸ばす運動と手関節を手の甲側に

反らす運動。

第8頸髄神経(C8):指を曲げる運動。

第1胸髄神経(T1):指を伸ばす運動。

 

損傷される場所によって、上記の動作が出来なくなります。

また、損傷された神経に一致した感覚障害も出てきます。

 

 

 

その他の記事