突然肩に激痛が走り肩が挙がらなくなる石灰沈着性腱板炎の原因は?

  • 突然肩が挙がらなくなった
  • 肩に激痛が走っている
  • 夜に痛みが出て眠れない
  • 肩が少し腫れている
  • 40~50代の女性多い

石灰沈着性腱板炎とは?

・腱板という、肩を動かすのに重要な役割をしている

肩周りの筋(特に棘上筋)にリン酸カルシウムという

物質が石灰化し沈着することによって発生する疾患です。

 

・50肩のように、最近肩に違和感があって挙げづらくなって来たな、

というような前触れは無く、急に肩に激痛が走る疾患です。

 

・40~50歳くらいの女性に多い疾患で男性には比較的起こりづらいと

言われています。

 

・下の図の赤くなった部分が石灰化した筋を示しています。

 

 

石灰沈着性腱板炎の原因は?

・腱板に石灰が沈着することで発生しますが、

ただ単に沈着しただけでは、痛みがない場合も

多く、実際に石灰沈着はあるけれど痛みは全くない方も

見えます。

 

では、どうしたら痛みが出るのかを説明していきます。

 

石灰は時間が経つにつれて徐々に硬くなっていき、

さらに、大きく膨らんでいきます。

この膨らんだ石灰が肩にある滑液包(上の図の青い部分)を

突き破った時に激痛が走ります。

 

これが、石灰沈着性腱板炎の原因です。

 

 

 

石灰沈着性腱板炎の症状は?

・肩の痛み。

ある日突然、肩に激痛が走ります。

 

・肩の腫れ。

滑液包が破れた時に炎症反応が起きるので肩が徐々に

腫れてきます。

 

・夜間痛。

夜に痛みを強く感じなかなか眠れなくなるので身体的にも

精神的にも疲れてしまいます。

 

・運動制限。

強い痛みを伴うので肩を動かすことが出来ません。

特に、腕をあげていく動作(外転)に支障が出ます。

 

 

 

 

石灰沈着性腱板炎の治療法は?

・基本的には肩に炎症を抑える注射を打ちながら

経過を観察していきます。

 

注射を打ちながら経過を見ていき、だいたい2週間くらいで

痛みは引いていきます。

 

 

 

その他の記事