鎖骨が上に突出する肩鎖関節脱臼の症状は?

  • 鎖骨が上に飛び出ている
  • 鎖骨を押さえても離すとすぐ元に戻る
  • 痛みで肩や腕を動かせない
  • 肩周りが腫れて皮下出血も見られる
  • 転んだ時に肩から転んだ

肩鎖関節脱臼とは?

・鎖骨と肩甲骨の肩峰で作られる関節を肩鎖関節と言い、

この肩鎖関節が脱臼してしまうことを肩鎖関節脱臼と言います。

 

・肩鎖関節の脱臼は、鎖骨が脱臼する方向によって、

上方、下方、後方の脱臼があり、この中でも

一番多く発生する脱臼は上方脱臼になります。

 

上方脱臼のイラスト↓

肩鎖関節脱臼の原因は?

・肩鎖関節脱臼はラグビーや柔道などの

コンタクトスポーツに多く発生します。

 

勢いよく転倒した時に肩部から地面に落ち強打することで

脱臼するが発生することが多いです。

 

その他の原因では、転倒して手をついた時の衝撃が肩鎖関節部に

伝わることによって発生する場合もあります。

 

 

 

肩鎖関節脱臼の症状は?

・肩鎖関節上方脱臼の場合、鎖骨が上方に突出するので

鎖骨部が階段状に変形します。 *上記イラスト参照

 

・さらに、階段状に変形している部分を下方に押し込んだ後に

手を放すと再び階段状変形に戻る様子がピアノの鍵盤のようなので

ピアノキーサインと呼ばれる症状もあります。

 

・肩鎖関節部の腫脹や皮下出血がみられる。

皮下出血は時間の経過とともに腕や胸のあたりまで

下がってくる場合もあります。

 

・肩の運動制限。

当然ですが肩は動かそうとすると痛みが走るため動かすことは

出来ません。

 

 

 

 

肩鎖関節脱臼の治療法は?

・肩鎖関節脱臼は、脱臼を治すこと自体は簡単ですが

治した後に手を放すとすぐにもとに戻ってしまうので

包帯やテーピングで鎖骨を押さえた状態で数週間

過ごしていただくことになります。

 

 

 

その他の記事