仕事でドリルやチェーンソーを使っている人に発生する白ろう病の症状は??

  • 仕事でドリルやチェーンソーなどの振動の強い工具を使っている
  • 手がしびれている感じがある
  • 手が冷たい
  • 手がこわばる

白ろう病とは?

・ドリルやチェーンソーなどの強い振動を伴う工具を

使っている人に発症するいわば職業病です。

 

・手や足(主に手)の末梢血管障害が起こることで、しびれや

筋力低下、痛みなど様々な症状が現れる疾患です。

 

 

 

白ろう病の原因は?

・振動の強い工具の使用。

チェーンソーやドリルなど振動の強い工具を使うことで

末梢血管の循環に異常を来します。

 

・寒冷時の作業。

気温が低い時の作業では、末梢への血流がより悪くなるので

手のこわばりや冷感と言ったレイノー現象が出てきます。

 

・喫煙、加齢、騒音など。

生活習慣や作業環境なども白ろう病の発症に関係していると

言われています。

 

 

 

白ろう病の症状は?

・末梢血液の循環障害。

 

・手指や腕のしびれ。

 

・こわばりや冷感。(レイノー現象)

 

・手の感覚異常。

 

・関節の変形。

 

 

 

白ろう病の予防策は?

・白ろう病は長時間振動の強い工具を使うことで

発生する疾患なので、一度に一人の人が長時間振動の強い工具を

使い作業をするのではなく、何人かの人で作業をローテーションさせて

一人が長時間振動の強い工具を使わないようにする環境づくりが

大切です。

 

 

 

 

その他の記事