手足、足や腕のしびれ

しびれとは

しびれとはしびれはいろんな原因によって起こります。

例えば長時間正座をしていると足がしびれますよね。

 

これは膝の動脈(膝窩動脈)が圧迫されて血流が悪くなり足が

「もわぁ~」と痺れてきます。通勤中で吊り輪を長い時間持って

いると手が「もわぁ~」と痺れてきます。このしびれは血流障害が

原因で起こります。

他には神経症状の場合もしびれが発症します。

あなたが良く聞いたことがあるのは「坐骨神経痛」だと思います。

この神経は一番太い神経で腰からお尻、太もも、ふくらはぎを通って

指先で終わっています。

 

坐骨神経が圧迫されますと痛みもありますが、足が重たい、だるい、

力が入らない、足が上がらない、つまづく、感覚がない、冷たいなどの

症状がでます。

 

初めて神経症状になった方は、「いつか治るから大丈夫」

「2,3日安静にすればよくなる」「湿布をはっておけばいいでしょ」という

考えの方が多いです。

これが一番危険なのですが、神経症状の初期のしびれは我慢できます。

それを放置していくと少しずつ痛みやしびれが増していき不安になり

整形外科や接骨院、整体、マッサージで施術を受けることが

 

非常に多いです。ですが、初期症状の段階でしっかり処置しないと

治るまでに時間がかかりますので注意が必要です。目安は痛みやしびれが

3日以上続いたら疑ったほうがいいです。

 

しびれの症例

寝ているときは痛くないのですが、座ったり立ったりすると首や肩、腕の外側がが痛くなったり、シビレたりするんです

「寝ているときは痛くないのですが、座ったり立ったりすると

首や肩、腕の外側が痛くなったり、シビレたりするんです」

 

。。って訴えているのは最近通っている患者さんです。

この状態は一体、体の中で何が起きているのでしょうね!?

 

私の仮説では、腕の重みで神経を引っ張っている状態だと思います。

一般の方は、なんのこっちゃ分からないと思いますが腕は結構重くて、

体重の8分の1もあるんですね。首からの神経は胸の下や脇の筋肉の

間を通って、腕、前腕、指先まで通っています。

 

痛みがない人はこの神経にたるみがありますのである程度伸ばされても

大丈夫です。

 

でも首のヘルニアの方、胸の筋肉がかたくなっている方

(痩せていてなで肩の方や胸板の厚いマッスルマンの方)デスクワークや

子供の抱っこのし過ぎで脇の筋肉がかたくなっている方は、この神経を

圧迫してたるみがない状態です。

 

つまり常に糸(神経)がぴーんと張っている状態です。

それが、腕を下ろすことによってさらに糸(神経)がさらに伸ばされ

切れそうになるから危険信号(痛み・シビレ)を発信するんですね。

 

もし、あなたがこんな症状かもしれないと思った方は痛みやシビレが

ある時に手を頭の上に置いてください。これで痛みやシビレが軽減したら、

神経が圧迫されている可能性があると思います。

(いつもバンザイをして、いつも寝ている方も疑いがありますね)

どこへ行って治療してもらえばいいのか分からない腰から足のしびれ

腰から足にかけてしびれる既存の患者さんから

下記のお問合せがありました。

 

「ご無沙汰しております以前から足のしびれが気になっていたのですが

先月からしびれがひどくなり悩んで坐骨神経専門の整体にいきました。

 

どこへ行っていいかわからなくなり予約を入れました。

今は、右の腰から足先まで痺れがあります。足の中二本も気になります。

は、右肩の痺れです。明日は仕事が休みなのであいている時間が

あればみていただきたいので、電話してみます。」

 

私の返事は、

 

「お久しぶりです。お元気でしたか。今回の状態は前回と

同様腰の神経を圧迫している可能性があります。前回も3週間で良く

なっていますので今回も3週間くらいみて頂ければ問題ないと思います

のでご安心ください。

 

肩の方は見てみないと分かりませんので検査したときにどのような状態なのか、

どれくらい施術時間がかかるのかお伝えできる思います。」

病院で頚椎がゆがんでいると言われて。首が毎日痛くしびれます

首から腕にかけてしびれる患者さんから下記の問い合わせが

ありました。

 

『頸椎は施術できますか?8月下旬頃より両手に痺れが出始め、

だんだん悪化。現在、「両手の痺れ」と「両指が動かしづらい」、

「左腕が上げづらい」、「首を動かすと頻繁に腰全体に電気が走る」、

「歩きづらい」などの状態です。

 

11月から通って首牽引するも改善の兆候なく、悪化している状態です。

整体で改善する見込みはありますか?

 

私の返事は

 

「上記の状態ですが、長期化しているため一度、整形外科でのMRI撮影を

お勧めします。痺れがあるということはどこかで神経を圧迫している可能性が

あります。

 

一般的には手や腕の痺れは頚椎の神経を、足は腰椎の神経を圧迫している

場合が多いです。状態から判断すると椎間板ヘルニアの疑いがありますが、

整体でも神経にアプローチする施術がありますので見込みがないことはないです。

 

但し、8月下旬から状態が長期化しているため時間が掛かるかもしれません。

実際に上記のような状態を訴えてきて良くなった方もいました。

 

もし、よろしければ整形外科での検査結果を教えて頂けると整体で改善する

見込みがあるかないかお伝えできるかと思います。少しでも早く回復できるように

サポートできたなら嬉しいです。よろしくお願いします。

交通事故の後遺症による肩の関節が鳴るのと指先のしびれ

39歳女性会社員の患者さんから今回の症状を

教えてくれました。

 

『昨年の12月に駐車場で車に乗って待っていたら、突然

横から車がぶつかってきて、腰や背中、首を痛めました。

 

直ぐに整形外科でレントゲン、MRI写真を撮りましたが、

骨には異常がないと診断され「自律神経失調かもしれない」と

診断されました。

 

現在の症状は肩の関節がなるのと右腕から右手のしびれがあります。

特に中指、薬指、小指にしびれが強く、冷えている感じです。

 

また横向きで寝てて起き上がるとしびれが出ます。3月まで整形外科に

通院し、しびれは最初の状態からだいぶ緩和されましたが、肩の関節が

鳴るのは消えませんでした。

 

先生からは

 

「肩の関節はよく鳴ることがあるから、先生の肩も

触ってごらん。鳴るでしょう」

 

と言われましたが、私は交通事故に遭う前は肩の関節が

鳴っていなかったので、事故が原因で起きたと思っています。

 

右利きなので早く治したいと思いコツコツ接骨院に電話しました。

なぜ私がコツコツ接骨院を選んだかと言いますとホームページを

見て先生やスタッフさんが良さそうで、患者さんの声が多く、その声が

自分の症状と合っていたからです。』

 

 

問診と当院オリジナルの検査をした結果、肩の関節が丸まって前に

出ているのと頚椎ヘルニアの疑いがありました。特に握力が右利きなのに

左が22㎏、右が21㎏でした。知覚検査は陰性でした。

 

もしかしたら頚椎ヘルニアではないかと思い胸郭出口症候群の

過外転症候群(小胸筋過緊張)、手根管症候群かもしれないと思い

検査をしましたが陰性でした。

 

整形外科では牽引療法っといって首をひっぱてもらってある程度

しびれが軽減したそうですが、100%が完治した状態だとすると30%は

まだしびれが残っている症状でした。

 

整形外科での通院が終わった後、まだ肩の関節が鳴っていたのとしびれが

残っていたので整体に週に1回通い続けました。それでも症状に変化がなく

毎日気になっていたそうです。

当院での施術方針はMRIには写らない程度の頚椎ヘルニアの治療と肩関節が

前側に出ていたので後ろ側にもっていくように筋肉や骨格を調整しました。

 

施術後はまだしびれが残っていましたが握力が3㎏アップし筋力は回復しました。

肩の関節もまだ鳴っていましたが音が小さくなり動きがスムーズになりました。

神経症状や関節が鳴る症状は直ぐには良くならないので、今後は経過観察しながら

治療を進めていきたいと思います。