病院で腱鞘炎と診断され治療やサポーターをしています。

「Q:数年前から肩こりがひどいです。また、足の指から足首にかけて痛みがあり、

整形外科では腱鞘炎といわれシップをもらい3週間以上たちましたが

改善しません。最近は手の指にしびれを感じるようにもなりました。

この状態は肩こりも原因の一つでしょうか。このような状態はそちらに通うことで

緩和されますでしょうか。」

 

と腱鞘炎で悩んでいる患者さんからメールを頂きました。

 

私の返事は

 

「腱鞘炎であれば、足の指や足首を使わなければ痛みが緩和していくと思います。

直ぐに痛みを緩和したいのであれば湿布よりも氷水で患部に10分間冷やしたほうが

良くなります。

 

最初の3分間は冷たくて痛いかもしれませんが、3分たつと慣れてきますので

安心してください。目安は1日に3回冷やしてください。

 

腱鞘炎は刀(腱)と刀をおさめる鞘(さや)の関係です。

刀がさびていたり、鞘の内側がギザギザの場合刀が鞘を通るときに摩擦がおきて

炎症が起きます。これが腱鞘炎です。

 

ですので足の指や足首を使わなければ炎症が出ないことになります。

痛みがあるということは炎症が起きています。炎症とは体の中で火事が

起きている状態です。

 

火事を鎮火させるために体中の水分が集まり腫れたりします。

それでも鎮火できない場合は痛みが続くので外部から冷やした方が

いいことになります。

 

痛みではなくしびれがあるということですがシビレは神経に触っている

ことになります。

 

手のシビレは主に首に原因があるケースが多いです。

首の神経が腕を通って手まで走っていますので、首に何か問題があると

手がしびれることがあります。

 

初期の状態であれば、緩和すると思いますのでご安心ください。

一度状態をお聞きしたいのでお電話いただけると嬉しいです。