産後の骨盤矯正

骨盤矯正をうける必要がある人

  • 骨盤が歪んでいるが気がする
  • よく足を組む
  • 横座りをする
  • 足の長さが違うと言われた
  • 骨盤ベルトをしないとグラグラする

なぜ骨盤矯正をするのか?

いろいろあると思います。

 

・歪みをなおすため

・足の長さをそろえるため、

・骨盤ダイエット

・内臓への圧迫を緩和するた

・安産のために

・O脚矯正のために

・姿勢を良くするために

 

私は“骨盤の動きの回復”のために骨盤矯正を行なっています。

決して歪んでいるから、ズレているからという理由だけで矯正は

しません。

 

骨盤が歪んではダメと誰が言ったのでしょうか?

 

完全なる左右対称(シンメトリ)の身体は存在しません。

逆に少し骨盤が歪んでいたほうが、その人にとってはベストな

状態もあると思います。

 

ぎっくり腰で身体を捻って来院される方がいますが

骨盤を傾けたほうが楽なのです。それを無理に真っ直ぐにして

しまうと逆に痛みが増加します。

 

骨盤の左右の動きが違うと骨盤に付着している筋肉の張力に

アンバランスが生じます。この逆もあると思います。

 

この状態が続くと、筋肉が骨に付着しているので関節に影響を及ぼし、

関節がロックされます。(滑膜関節では類半月状ヒダという滑膜ヒダが関節内で

かみ込んでロックされると言われている)

 

このロックを解除することが矯正だと思っています。

骨盤が歪んでいても、関節が正常範囲内で動いていれば矯正はする必要は

ないってことです。(正常範囲を超えて動いている場合はベルトなどで固定します)

 

骨盤の矯正ということは仙腸関節を動かすことなんですが、

専門的に言えば、腸骨を動かしても、仙骨を動かしても仙腸関節が

動くことには変わりありません。でも、硬膜の捻れを考えると仙骨を

矯正したほうがいいような気がします

産後の骨盤矯正いつから?

出産後から直ぐに矯正は可能ですが、最新の注意が必要です。

無理に行ってしまうと子宮付近や骨盤周辺、腰痛などが起きますので、

出産後の痛みが消えてから骨盤矯正を行ったほうが安心です。

 

それまでは何もしないか、骨盤ベルトなどで矯正しておいたほうが

いいでしょう。

 

妊娠から出産後の骨盤の状態を説明します。

 

妊娠後期から出産時に分泌される“レラキシン”というホルモンによって

骨盤の靭帯が緩み、骨盤の関節(仙腸関節)の可動性が大きくなります。

 

出産後、24時間以内でレラキシンの分泌が止まり骨盤の関節の硬化が

始まるのですが、歪んだ状態で硬化してしまったり、半年過ぎても硬化しない

方がいます。

 

以前、手産後、恥骨結合(骨盤の前側)が不完全離解してしまい、

歩行困難な方を治療しましたが、恥骨が結合するまでに半年かかりました。

 

安静にできればいいのですが、どうしても赤ちゃんに抱っこしたり

母乳をあげたりしなければならないのでどうしても、骨盤が動いてしまい

緩んでしまいがちです。

 

産後は靭帯が緩み、骨盤の関節が可動性亢進しているので、

骨盤の天然のコルセットの役割をするインナーマッスル、腸骨筋、梨状筋が

骨盤を固定をするために過剰に働いて緊張しています。そのため、腰やお尻、

足のつけ根が痛くなることがあります。

 

産後の骨盤矯正は痛みが消えるまでは骨盤ベルトで固定し、

痛みが消えたら骨盤矯正を受けてもいいと思いますが、個人的には

産前の骨盤矯正をお勧めします。(その理由は下記)

本当に産後の骨盤矯正は必要なの?

「産後の骨盤矯正は効果があるの?」

 

ってよくママから質問されます。

 

出産前後は女性ホルモンの関係で骨盤を固定している靭帯が緩み、

骨盤が広がっている状態です。理由は分かりますよね。赤ちゃんが

出産しやすいように産道を広げるためです。

 

以前は出産後はトコちゃんベルトなどの骨盤ベルトはしないで

放置していましたが、今は直ぐにベルトを巻いて骨盤をしめる傾向に

あります。

 

それだけ、出産後の姿勢を気にするお母さんが増えてきたって

証拠ですね。体型が変わるのがイヤですからね。

 

私がオススメするのは、産後の骨盤矯正ではなく産前の

骨盤矯正です。なぜかというと妊婦の患者さんが出産前に

骨盤を矯正してもらうと出産後も骨盤が緩みにくく

姿勢・体型が出産前とあまり変化しないんです。

 

出産後ベルトで骨盤をしめても妊娠中に

何もしていなかったら筋肉が落ちているので骨盤がしまりにくい

ということです。

産後の骨盤矯正ベルトは効果はあるの?

効果はあります。ただ、ベルトを長い間固定し続けると

骨盤周りの筋肉が落ちてしまいます。あくまでも骨盤の関節が

しまるまでで私はいいと思っています。

(しっかり固定できる2重式の骨盤ベルトで1周間から2週間ぐらい)。

 

骨盤の関節がしまったら骨盤を固定する筋肉(インナーマッスル)

である腸腰筋(ちょうようきん)と梨状筋(りじょうきん)を鍛えます。

体幹トレーニングやバランスボールなどで鍛えられます。

 

また、筋肉が脂肪を燃焼するので骨盤の周りついたぶよぶよの脂肪も

燃焼してくれます。出産後は緩んだ骨盤も3~4ヶ月すれば自然に

閉まります。

 

ただ、固い床や地べたにお尻をつけて座ったり、横座りすると

骨盤を形成しているお尻の骨(坐骨)を通して、下からの力(床反力)が

加わり骨盤をゆるませる原因となります。

接骨院で産後の骨盤矯正はやってもらえるの?

やってもらえますが、産後の骨盤矯正は質の高い矯正技術が

求められます。

 

事実、産後の骨盤矯正をして、さらに骨盤が歪んでしまったり、

腰痛、股関節ななどが起き、歩くのが困難になったり、

立ったり座ったりすることが辛い方を知っているからです。

 

産後は骨盤の関節(仙腸関節)は緩んでいるため、骨盤矯正に

よって骨盤がそろっても、足を組んだり、横座りをしたりすると、

また直ぐに元に戻ることが多いです。

 

今はネットで調べられるので、骨盤矯正の実績ある整骨院、接骨院を

選ぶことをおすすめします。

産後の骨盤矯正は保険が効くの?

整骨院、接骨院では、法律で一般的に3日以内のケガである

捻挫、打撲、脱臼、骨折(急性外傷)以外は整骨院、接骨院では

保険が適用されません。

 

ですので完全自費治療になります。

もしも、保険で骨盤矯正を行っている整骨院、接骨院は

違法行為となりますのでご注意下さい。