脊椎すべり症

  • 長時間、同じ姿勢が辛い
  • 激しい運動は困難
  • 体を前へ曲げたときに痛みが軽減
  • 体を後ろへ反らしたときは痛みが増加する
  • せき、くしゃみで激しい痛み
  • 歩行が困難
  • 足がシビレる、感覚がない

背骨(椎体)が前後に位置異常を起こしている状態をいいます。

腰の骨は5つあるのですが、多発部位は4番目と5番目の骨です。

 

脊椎すべり症は脊椎分離症に伴って起こるすべり症(分離すべり症)と、

分離に伴わないもの(変性すべり症)とに分けられます。

 

原因は先天的な場合や老化によって軟骨がすり減り、関節内の隙間が

広くなって骨が前方へ滑る場合、分離症による場合があります。

(離症にすべり症が加わったものを分離すべり症と呼びます)

 

専門的に説明すると、脊椎すべり症で重要なことは椎骨の状態を

表すときに、1つ下の椎骨を基準にして決めることです。

 

多発部位は腰椎5番(L5)。

 

腰椎4番・3番L4(L4・L3)のすべり症(変性すべり症)は

退行性病変により起こることが多です。

 

先天的に椎弓根が長い場合も原因の1つです。

脊柱管狭窄症で知っておきたいこと

症状

  • 腰痛
  • 激しい運動は困難
  • 長時間、同じ姿勢が辛い
  • 体を前へ曲げたときに痛みが軽減し、後ろへ反らしたときは痛みが増加する

重症目安

  • せき、くしゃみで激しい痛み歩行が困難。足がシビレる、
  • 腰が伸ばせない
  • 1人では起き上がれない
  • 感覚がない

これらは重症です。1度、

整形外科で検査を受けることをお勧めいたします。

 

 

危険性

分離すべり症では背骨の分離によって

脊椎が不安定になり、さらに思春期では

背骨が変形したり、高齢期では骨と骨の

間のクッション(椎間板)が変性するな

して発症します。

 

1番の危険性は脊椎すべり症によって

脊髄が通っている管(脊柱管)を圧迫する

ことがあり、腰痛や足にしびれなどの

神経症状をきたす脊柱管狭窄症を

併発することがあります。

対処法

安静と腰が反らないように腰部を固定するのが

ベストです。

 

運動中に痛みがある人は将来のことを

考えて一時休む勇気も必要です。

 

重症例、高齢者は炎症がおさまるまで

コルセットの着用を勧めます。

 

日常生活に支障がなく、痛みが軽減してきたら、

腹筋の強化や背骨に付着している深層の筋肉

(脊柱起立筋)をバランスボールやストレッチ

ポールなどを使用して鍛えます。

来院目安

腰を反らした時、痛い、突っ張る感じがある、

違和感がある場合は治療が必要な時期だと

思って来院して下さい。