この時期に多い『ヒートショック』って何??

さて、一昨日から急に

冷え込みましたよね。
これだけ温度差があると

「ヒートショック」
が起きやすので、

今回のテーマは

「ヒートショック」

です。

 

みなさんは「ヒートショック」って

ご存知ですか?
実は恥ずかしながら私は

分かりませんでした。
たまたまテレビで見て

知ったのですが

高齢者や高齢者と一緒に

住んでいる方に
伝えなければいけないと

思ったので配信させて

頂きます。

 

簡単に説明しますと
「急激な温度の変化で

身体がダメージを受けることです」

 

【入浴中に亡くなるのは

全国で年間約1万7000人と

推測されていますが、

原因の多くはヒートショック

である可能性があります。

 

浴室とトイレは家の北側に

あることが多く、
冬場の入浴では、暖かい

居間から寒い風呂場へ

移動するため、

熱を奪われまいとして

血管が縮み、血圧が

上がります。

 

お湯につかると血管が

広がって急に血圧が下がり、

血圧が何回も変動すること

になります。
寒いトイレでも

似たようなことが

起こりえます。

 

血圧の変動は心臓に負

担をかけ、心筋梗塞や

脳卒中につながりかねません。

ヒートショックの予防のため、

脱衣所やトイレを暖めましょう。

 

入浴は40度未満のぬるめの

お湯に入り、長湯を避け

ましょう。
冷え込む深夜ではなく、

早めの時間に入浴するように

心がけ、心臓病や高血圧の

人には半身浴をおすすめ

します。

 

肩が寒いときは、

お湯で温めたタオルを

かけてください。】

 

健康トピックから

 

『ヒートショックのデータと予防法』

 

・死者数:1万7000人
・いつ多い:12月~2月

(入浴中の心肺機能停止)
・年齢:70歳以上が85%
・症状:失神、心筋梗塞、不

整脈、脳梗塞…
・予防法:浴室に暖房、シャワーで

お湯張り(浴室を温める)
・入浴のタイミング:寒い日は

日没前に、家族がいる時、

食事の直後や飲酒時わはダメ
 
・注意:血圧の変化が30以上

だと失神や目まいの原因となる

 

 

日本の人口が

約1億2000万人ですから
約1割強の方が「ヒートショック」で

亡くなっていると
思うとスゴイ数字でですよね。

 

高齢者に多いですが、

みなさんも入浴前後は
気をつけてくださいね。

 

「健康は永遠には続かない

けど、維持できる」

 

byコツコツ前田

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございました。

その他の記事