高齢出産による危険性!ダウン症候群の特徴と症状

高齢出産での危険性は赤ちゃんが

「ダウン症候群」

といって、染色体異常で

生まれてくるということです。

 

その原因は高齢によって

卵子が壊れ、その卵子が精子と

受精して異常の赤ちゃんが

生まれてくるということです。

 

ダウン症候群で生まれてくる

確率がは1000人に一人の

割合で生まれてくると

言われています。

 

これは統計なので、

実際は若い方は確立が低く、

高齢になればなるほど

「ダウン症候群」として赤ちゃんが

生まれてくる確率が高くなります。

 

特に35歳以下のでの出産は

ダウン症候群の赤ちゃんが

生まれくる確立は非常に

少ないです。

 

ですので、

35歳までに出産すること

が理想です。

 

「ダウン症候群」について、

ちょっと専門的に詳しく

説明しますね。

 

遺伝子の集まりが

染色体です。

 

染色体は46本の染色体が

あるのですが、これが対に

なっています。

つまり23対の染色体が

あります。

 

これを分けると22対の

常染色体と1対の

性染色体があります。

 

この性染色体の組み合わせ

によって男性か女性かに

分かれます。

 

男性の場合はX染色体と

Y染色体の対になっていて、

女性の場合はX染色体と

X染色体が対になっています。

 

「ダウン症候群」は21番目の

染色体が2本があるのが

3本あります。

 

これを【トリソミー】と言いますが

両親からの遺伝の問題で

起きるのではなく偶然的に

起きます。

 

「ダウン症候群」の特徴と

症状は流産は少なく、

普通の赤ちゃんよりも

発達過程が遅いと

いうことです。

 

ですが、

アートのセンスが

高かったり、物を感じとる

能力が高いこともあります。

 

その他の記事