受験前に睡眠不足を解消する方法

今、若い人に情報社会によって 睡眠不足が増加しています!

昼寝は15分上取ると深い睡眠になり、

夜眠れなくなるそうです!
規則正しい生活が1番改善方法ですが、

多くの原因はお母さんが夜遅くに寝ることよって

子供たちも遅く寝てしまうそうです!
大事なことは、朝早く起きて太陽の光や

人口的な光を浴びること、高校生は運動をすること、
5歳以上は昼寝はしないこと、寝だめは生活リズムを乱す、

朝食と夕食は同じ時間に取ることと

専門家の方がおっしゃっていました!
みなさんはしっかり睡眠がとれていますか?

私は6時間睡眠をとるようにしています。

睡眠が疲労回復の一番の薬だと思っているからです。
おかげで睡眠の質が良くなったら

2週間で5キロ痩せて、雑誌から取材がきました。

 

 

 

【受験生がいる親御さんへ】

(1)睡眠不足になると、風邪をひきやすくなる

睡眠不足になると、免疫力が低下します。

ある研究によると、睡眠不足の人とそうでない人を

比べた場合、睡眠不足の人は3倍、

風邪を引きやすいという結果が出ました。
受験直前、または本番に風邪を引いてしまっては大変です。

インフルエンザも流行しています。

健康維持のためのにも、睡眠はしっかりととりましよう。

  (2)睡眠不足になると、記憶が定着しない

記憶を定着させるためには「睡眠」が必要です。

睡眠削って勉強しても、記憶として定着しないので

全くの時間の無駄に終わります。

勉強の効率が悪いのです。
試験本番が近づくと睡眠時間を削って

勉強時間に当てたくなりますが、

結果として、勉強の効果が上がらず

百害あって一利なしです。

(3)試験本番で、力を発揮できない。

特に試験本番から、一週間は、絶対に睡眠不足に

ならないようしてください。
睡眠不足による集中力低下は、2日間の十分な睡眠によって

回復しないという研究データがあります。
睡眠を削って勉強し、試験前の2日間だけ

ぐっすり寝たとしても、「集中力低下」は回復しないため

試験で100%の実力を発揮できなくなります。
試験前の一週間は、特に睡眠時間を確保する

ことが重要です。
ということで、

「睡眠不足」には十分に注意してくださいね。

その他の記事