テニス初心者で肘の外側が痛いテニス肘②

健太 ブログ

こんばんは!

コツコツ接骨院の健太です。

 

今日は、テニス肘①の続きです。

 

【テスト法】

 

・椅子テスト

肘を伸ばし、手の平を地面に向けた状態で

椅子(重い辞書や本など重くて手で持てる物)を持ち、肘の外側に痛みが出たら

陽性です。

 

・トムゼンテスト

肘を伸ばして、手の平を地面に向けた状態で拳を作り、拳を上に向けます。

その状態で、第三者が拳を下に降ろそうとするので、患者は拳が下に降りないように耐える。

この状態で痛みが出たら陽性です。

 

 

【治療法】

肘関節の下側にバンドを巻いて固定する。

基本的に安静にすることが大切です。

 

今日は、ここまでです。

最後まで読んで頂き

ありがとうございました!

その他の記事