着替えるときや腕を後ろに回すと痛い五十肩

  • 最近肩があがらない。
  • 着替えるときに肩が痛い。
  • 腕が背中側に回せない。

五十肩とは?

五十肩は、四十歳前後に頻発しておこり、加齢や過労による肩関節の変性を

基盤にして発症する原因が

はっきりしない疾患のことです。

五十肩の症状ってどんなの?

五十肩の典型的な症状には、、、

①五十肩じゃない方の手で五十肩の方の

 腕を支えている。

②痛みで五十肩の方の肩を下にして

 寝ることが出来ない。

③腕を上に上げるときに肩をすくめながら上げる。

などが挙げられます。

五十肩の対処法は?

今回は、傘1本で出来る簡単な

ストレッチを紹介します。

 

まずは、傘を1本用意して下さい。

傘が用意出来ましたら、五十肩じゃない方の手で傘の下の部分を持って、

五十肩の方の手で傘の持ち手の部分を持ちます。

そしたら、傘の下の方を持っている手で

傘を下から上に持ち上げるようにして

上げていきます。

持ち上げてき行き、肩が痛くて上がらなくなった所で止め、そこから後3㎝くらい

上にあげます。

これを10回繰り返して下さい。

詳しい内容は下記のURLからご覧下さい。

 

 

それと、もう一つ対処法をお伝えします。

 

それは肩を冷やすことです。

なぜかと言いますと、人の体の細胞の中にあるミトコンドリアと言う物質が

ATPというエネルギーを作っているのですが、そのATPによって肩に痛みが出ます。

なので肩を冷やして、細胞の中のミトコンドリアの活動を弱め、ATP産生を

弱めればいいのです。

五十肩は別名フローズンショルダーと呼ばれるので一見温めたほうが良いと思いがちですが、実は冷やした方が良いんです。

 

 

その他の記事