偏平足からくる膝、腰の痛み

  • 土踏まずがない
  • 膝が痛い
  • 腰が痛い

偏平足って?

偏平足とは、、、

 

足には、内側縦アーチ、外側縦アーチ、

横アーチがあります。

 

偏平足はこの3つの内の内側縦アーチが

下がり足の裏が平らになってしまうもののことです。

 

【内側縦アーチとは?】

いわゆる土踏まずのことです。

 

足にアーチがある意味とは?

アーチは、足の裏からの衝撃を和らげる

クッションの役割をしています。

なので、このアーチ(特に内側縦アーチ)

が下がると足のクッション作用が

なくなり、足の裏からの衝撃を吸収出来ず、膝、腰に直に衝撃が伝わってしまい、痛みが出ます。

 

これが、偏平足から来る膝や腰の痛みの原因です。

偏平足を改善するには?

偏平足を治すには、靴のソールを

土踏まずが上がっているものに変える

という対処法もありますが、

今日は、お金もかからない、足の裏の

筋肉のトレーニングを紹介します。

 

【タオルギャザー】

何が目的のトレーニングかと言うと、

足の裏の筋肉を鍛えて下がったアーチを

上げるのが目的のトレーニングです。

 

では、やり方を説明します。

 

足の裏にタオルを敷きます。

そのタオルを足の指を使って、タオルを掴むイメージでタオルを引き寄せます。

 

これを1日30回を3セットくらいやると

足の裏の筋肉が鍛えられ、足のアーチが

上がってきます。

その他の記事