イタッ! 朝起きて第一歩目に足の裏が痛い足底筋膜炎

  • 朝の一歩目に足の裏が痛い
  • 歩いていると足裏やかかとのあたりが痛い
  • 立ち仕事で足の裏が痛くなる

足底筋膜炎とは?

足底筋膜炎とは、足の裏にある足底筋膜という

筋肉が様々な原因により引っ張られて、

足の裏に痛みが出る疾患のことです。

 

足底筋膜炎は、下の図の青の部分に示してあるように

足の裏のかかとの少し前、土踏まずのあたり、つま先のあたりの

三か所に痛みが出ます。

足底筋膜炎のさまざまな原因とは?

足底筋膜炎の原因としては、以下のような

事が考えられます。

 

1.偏平足

偏平足とは足の土踏まずのアーチが下がり

足の裏が平らになってしまっている足のことです。

 

なぜ偏平足と足底筋膜炎が関係あるのか?

足底筋膜は足の裏のかかとからつま先にかけて

ついている筋肉なので、偏平足で足が平らになると

足底筋膜が引っ張られて足底筋膜炎になりやすい

ということです。

 

2.アキレス腱がかかとの骨を引っ張って痛みがです場合

足の裏についている足底筋膜がなぜアキレス腱と

関係があるかを説明します。

 

アキレス腱が緊張するとかかとの骨を

後ろに引っ張ってしまいます。

足底筋膜もかかとの骨についているので

かかとの骨が後ろに引っ張られることによって

足底筋膜も引っ張られて痛みが出るということです。

 

足底筋膜炎の症状は?

・歩き始めの1歩目が痛い。

(特に朝起きたときの一歩目)

・歩いていると足裏やかかとが痛くなる。

・立ち仕事などで立ちっぱなしだと足の裏が

痛くなってくる。

・足の裏がしびれている感じがする。

・足の裏を押すと痛い。

 

上記が主な症状です。

 

もしかしたら足底筋膜炎?と思った方は、

下記に対処法を紹介するのでぜひ試してください。

足底筋膜炎の対処法

対処法としては、冷やす(アイシング)をするよりも

温める方がいいです。

足底筋膜が固まって痛みが出るので温めて

緩めていきましょう。

 

自宅にテニスボールがある方は、テニスボールを

足の裏で痛くない程度の強さで踏んで転がして

足の裏をマッサージしていきましょう。

 

その他にも、靴の中敷きを土踏まずが高めのインソールに

変えることも効果的です。

 

 

 

その他の記事