手足にしびれがある、、、 頚椎症

  • 首回りが痛い
  • 箸が持ちずらい
  • 満足に歩けない
  • 40~50歳

頚椎症って?

首の骨(頚椎)は加齢とともに、変形したりします。

 

なんで変形するの??

 

頚椎と頚椎の間には、椎間板という

クッションがあるのですが、そのクッションが加齢とともに

弾力が無くなり、クッションとしての役割を果たせなくなり、

頚椎どうしがぶつかり合って骨が変形したりします。

 

上記のような症状は加齢に伴って起きる事なので

それほど問題ではありませんが、この変形によって

手足のしびれなどが出てくるものを頚椎症と言います。

具体的な頚椎症の疾患は?

頚椎症による疾患は3つあります。

 

1.頚椎椎間板ヘルニア

 

2.頚椎症性脊髄症

 

3.頚椎症性神経根症

頚椎椎間板ヘルニアとは?

頚椎椎間板ヘルニアとは、頚椎と頚椎の

間にある椎間板が飛び出して脊髄を

圧迫してしまい、手足のシビレや、運動障害が

両側に診られる。

また、膀胱や直腸の障害も見られるようになります。

頚椎症性脊髄症とは?

頚椎症性脊髄症とは、頚椎や椎間板が変形

することによって、脊髄が圧迫されて症状がでる

疾患のことです。

 

どんな症状が出るの?

 

ボタンのはめ外しやお箸の使用など細かい動作が

出来なくなったり、歩行で足がもつれるような感じや

階段で手すりを使わないと不安になってしまう。

などの症状があります。

頚椎症性神経根症とは?

頚椎症性神経根症とは、加齢に伴う頚椎の変形により

脊髄から出ている神経根が圧迫されたり刺激されて

起こる疾患のことです。

 

どんな症状が出るの?

 

肩から腕にかけての痛みや、腕や手指にしびれが

出ることが多いです。

一般的に首を後ろにそらすと痛みやしびれが

強くなります。

その他の記事