スポーツをやっている中高生で膝が痛い オスグッドシュラッター病

  • 膝の下が痛い
  • スポーツをしている
  • 膝の屈伸動作が多い
  • 中高生

オスグッドシュラッター病とは?

一般にオスグッドと呼ばれていますが

実際にどんな疾患なのかを説明していきます。

 

オスグッドシュラッター病とは、脛骨(すねの骨)の

脛骨結節(脛骨粗面)に付着している膝蓋腱が

脛骨結節を引っ張ることによって脛骨結節のある

膝の下の所に痛みが出る疾患です。

 

何で膝蓋腱が脛骨結節を引っ張るの?

膝蓋腱は、膝蓋骨(膝のお皿)を通して大腿四頭筋という

太ももの筋肉につながっています。

 

ですので、大腿四頭筋を使う動作をすると大腿四頭筋に

つながっている膝蓋腱も連動して動き脛骨結節を

引っ張ってしまうということです。

オスグッドが中高生に多い理由って?

オスグッドシュラッター病が中高生に多い理由は、

成長期に入るので骨の成長と筋肉の成長が

釣り合わず骨ばかりが成長してしまい、筋肉の成長が

間に合わず、筋肉が脛骨結節をさらに引っ張ってしまい

オスグッドシュラッター病になりやすいです。

オスグッドの対処法

オスグッドシュラッター病の対処法は、

さまざまなものがあります。

 

まず、運動する前とした後の大腿四頭筋の

ストレッチです。

そして、運動した後のアイシングです。

 

さらに効果があるのは、オスグッドバンドという

サポーターです。

このサポーターは膝の下の所に巻くのですが、

膝の下に巻き、膝蓋腱を押さえることにより、

膝蓋腱が脛骨結節を引っ張るのを抑えてくれます。

その他の記事