お願いします!もう我慢しないで下さい!!腰からお尻、足にかけてのしびれは。

よくこんな患者さんが見えます。

 

「最初は腰が痛くて、時間が経てば

治ると思ったのですが、1っヶ月後

腰から足にかけてしびれが出てきたんです。

でも、我慢すれば消えると思ったのですが」

 

しびれるということは、どこかで

神経を圧迫しているということです。

痛みの場合は神経を圧迫している

ことは少ないです。

 

神経症状はしびれる以外に

だるい、おもたい、力が入らない

感覚がおかしいのも含まれます。

 

ですので、過去にヘルニアや坐骨神経痛

脊柱管狭窄症、胸郭出口症候群など

しびれる症状を経験したことがない人は

最初は分からないと思います。

 

病院で検査をして異常がないと

診断されても、実は神経を圧迫している

ことがあります。

 

理由は初診時にレントゲン写真を撮るのですが

骨しかうつらないので、神経が圧迫しているか

どうかはMRIという写真をとらないと分からない

からです。

 

もし、レントゲン写真で骨と骨の間や隙間が

せまいと

 

「もしかしたら神経を圧迫してるかもしれませんね。

とりあえず、湿布と痛みどめの薬を出しておきますから

様子を見て下さい」

 

とそれほど重症でない患者さんには

こう言われることが多いです。

 

安静にして治る方もいれば

仕事が休めず安静にできない方は治りにくい

傾向にあります。

 

神経の痛みはぎっくり腰のように

突然襲ってくるわけでなく、徐々に

しびれてきます。

 

最初は違和感だけなので我慢できるのですが

徐々にしびれが増してきてずーっと気になるようになり

ひどくなると、腰を曲げるとズキッと電気が走ったり

歩けなくなってしまいます。

 

ですので、しびれが出たら直ぐに

治療してほしいわけです。

 

 

「先生、1回で良くなりますか?」

 

とよく質問されますが、これは

検査をして、施術をしてみて

2回目の時にどう変化しているのか

みてないと分かりません。

 

ですので

 

「1回で良くなるかどうかは