肩の高さが違う。。  脊柱側弯症

  • 骨盤が傾いている
  • 肩甲骨に出っ張りがある
  • 肩の高さが違う

脊柱側弯症とは?

 

脊柱側弯症とは、通常は真っ直ぐな

背中の骨(脊柱)が、様々な原因により

曲がってしまう疾患です。

様々な原因によりと言いましたが

6~7割の脊柱側弯症は、

特発性側弯症と言い、はっきりとした

原因が分かっていない側弯症です。

たくさんある!? 側弯症の種類

 

側弯症の種類を紹介します。

まず、側弯症には大きく分けて

2種類あります。

 

1、機能性側弯症

 

機能性側弯症とは、脊柱自体には原因がなく、

脊柱以外の原因を除去することにより、

その症状が軽減される側弯症です。

 

脊柱以外の原因とは??

習慣的に姿勢が悪い

椎間板ヘルニアの痛みによるもの

骨盤の傾きによるもの

などです。

 

2、構築性側弯症

 

構築性側弯症には、さまざまな種類が

あるので、下記に書いていきます。

特発性側弯症

 

側弯症の6~7割がこの

特発性側弯症です。

 

6~7割を占めていますが

原因はわかっていません。

先天性側弯症

 

生まれつき側弯症のものを

先天性側弯症と言います。

 

原因としては、、、

椎体の一部が形成されていない。

椎体の一部が適切に分節化していない。

 

先天性側弯症は、心臓、腎臓の問題や

その他の病的状態も合併している場合が

あります。

神経原性側弯症

 

脊髄などの神経組織の

異常が原因の側弯症。

筋原性側弯症

 

神経原性側弯症と似たように

筋肉の問題によって、筋肉の病気を

原因としている側弯症。

側弯症の症状ってどんなの??

 

側弯症の代表的な症状としては、、

 

左右の肩の高さが違う。

左右の腰のくびれが非対応。

左右の体幹のバランスが悪い。

骨盤が傾いている。

肩甲骨が出っ張っている。

などです。

 

その他の記事