教えて!腰の痛みで夜も眠れないヘルニアは手術したほうがいいの?

一昨日から見えている患者さんですが

病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断され

手術を勧められました。

 

とにかく上向き、横向きができなくて

うつぶせ、もしくは四つん這いの姿勢しか

とれません。

 

MRIの画像を見させていただくと

見事に椎間板が飛び出していて

神経を強く圧迫しています。

 

神経を圧迫しているだけなら

いいのですが、2月にも一度ヘルニアを

起こしているので、今回で二度目になります。

 

最初はブロック注射で良くなったのですが

今回は注射をしても良くならず、神経根注射をしても

一時的に良くなっただけで直ぐに痛みが戻ったそうです。

 

画像だけでは分かりませんが

神経と後ろへ飛び出した椎間板が癒着している、

くっついてしまっている可能性が高いです。

 

この場合の手技療法は時間がかかります。

 

良くなるかどうかは

仰向きの姿勢で膝を曲げないで痛みのある

足を上にあげてみて45度以下であれば

癒着している可能性が高いので完治するのに

時間がかかります。

 

治療としては、まず癒着している神経と

椎間板をはがす治療から行います。

 

癒着が消えると我慢できる痛みに

変わり、夜、痛くて眠れなかったのが

眠れるようになります。

MRI画像で分かるヘルニアの手術するかどうかの判断目安

整形外科で腰椎椎間板ヘルニアと診断されMRIを

撮った場合には、その病院で写真を持ってきて

もらうようにしています。

 

今はをヘルニアのデータをCDに焼いて

渡してくれるので治療するうえでとても助かっています。

 

腰のヘルニアのほとんどは5つある骨のうち

4番目と5番目の間にある椎間板、もしくは

5番目とお尻の骨である仙骨の間にある椎間板が

飛び出して脊髄神経(神経根)を圧迫して発症します。

 

この脊髄神経は脊柱管という管に包まれているのですが

この管の横幅が腰では約15mm、首13mmあるのですが

ヘルニアで飛び出した椎間板が脊柱管の横幅の半分以上

飛び出している場合は手術する目安となります。

 

MRI写真で横から見ると、脊柱管はうすく濁った白色の

長い帯のように写っていて、その中にグレー色の脊髄神経が

通っているのが分かると思います。

 

腰椎ヘルニアであれば、椎間板が

脊柱管の横幅の8~9mm以上後方に飛び出して

いれば手術の対象になるかならないかのレベルに

なるかと思います。

 

頚椎ヘルニアであれば、椎間板が

脊柱管の横幅の7~8mm以上後方に飛び出して

いれば手術の対象になるかならないかのレベルに

なるかと思います。

 

例外として、椎間板が脊柱管を突き破るまで飛び出して

しまった場合には、逆に手術をしなくても周囲の組織に

吸収される可能性があります。

 

あくまでも目安ですので、最終的には

手術を担当するドクターが決めることになります。

腰痛の治療で一番難しいのは癒着性の椎間板ヘルニア

23万人施術してきましたが、腰痛の治療で

一番難しいのは、癒着性の椎間板ヘルニアだと

私は感じています。

 

なぜ難しいかといいますと椎間板と脊髄が癒着している部分、

MRIでいうと神経に当たっている部分です。

(写真では癒着しているかどうか分かりません)

 

ここをはがすのに、ゆっくり少しずつ剥がさないと

神経にダメージを与えてしまうからです。

 

例えると、怪我をしてかさぶたができますが、

そのかさぶたを剥がすような作業です。

 

いきなりかさぶたを取ると出血しますよね。

だから、慎重に行わないと悪化してしまいます。

 

上記の患者さんは2回目の施術後に眠れるようになり

4回目の施術で短時間ですが普通に立って動ける

ようになり、6回目の施術で、痛みがまだありますが

コルセットを巻いて仕事ができるまで回復しました。

 

来院当初はお母さんと一緒に見えたのですが

待合室のソファーに下向きで倒れこんだ状態で

立って動くのも困難な状態だったので、回復期間と

しては過去の同じ症例からすれば早い方だと思います。

 

治療経過は仰向きで寝てもらった痛みが出ている

足を膝を伸ばした状態で術者が上にあげていきます。

この時は患者さんは全く力を入れていない状態です。

 

癒着性のヘルニアは20度か30度上げると

腰からお尻、足にかけて電気が走るような

激痛を訴え、足が突っ張るように感じます。

 

理由は圧迫している神経が

ヘルニアでなければたわんでいるので

足を上げてもたるんでいます。

ですが、癒着性のヘルニアはこの神経がピーンと伸長してしまう

ので太股の裏側が突っ張るような強い痛みが出ます。

 

治療が上手くいけば、足が少しずつ上がってきます。

45度以上あがるようになれば、癒着している椎間板が

はがれている確率が高いです。

 

腰のヘルニアで何をしても全く良くならない、

もしくは手術を勧められた方のお役に少しでも

立てれれば嬉しいです。