小指、薬指のしびれで整形外科で診てもらったら肘部管症候群かもと言われました。

タイトルの患者さんがお見えになりましたが

肘部管症候群は肘の内側にある尺骨神経が

何らかの原因で圧迫や牽引されて小指や薬指が

しびれる疾患です。

 

よく頸椎ヘルニアや胸郭出口症候群と

間違えやすいのですが見分け方は

しびれがどこから始まっているかです。

 

頸椎ヘルニアであれば首から

胸郭出口症候群であれば胸や肩から

肘部管症候群であれば肘から

手根管症候群であれば手首から

手や指先にしびれが出ます。

 

圧迫される神経は同じ場合が多いので

どこで圧迫されているかが問題となります。

 

患者さんは整形外科で

軽度の椎間板ヘルニアがあることが

分かったので、ヘルニアの治療をしたら

見事に指先のしびれが消えました。

 

ですので今回の場合は頸椎ヘルニア

が原因でしたが、これでもし症状が改善されなければ

肘部管症候群の可能性が高かったと思います。

 

臨床的には手のしびれは圧倒的に

胸郭出口症候群、頸椎ヘルニアの

ケースが多いです。

小指、薬指がしびれる肘部管症候群とは

経験上、それほど多い疾患ではないと思います。

 

肘部管症候群が発症する多くのケースは

肘の骨折(外顆骨折)によって肘が変形し(外反肘)して

腕の内側を通っている尺骨神経が絞扼されて、

尺骨神経が麻痺して小指や薬指がしびれます。

 

病院での検査では肘の内側を軽く叩かれて

肘の内側や小指、薬指がしびれる場合は

疑いをかけられます。

 

また肘の骨の変形や神経が脱臼したり

筋膜によって尺骨神経が絞扼されて

麻痺することもあります。

 

手のしびれは首の骨のゆがみが原因することも!

つまづいて手を床や地面についたとか、

交通事故でむちうちになったとか、転倒して肩をぶつけたとか

腕を打撲したとかで手がしびれることがありますが

首の下の骨、下部頸椎のゆがみです。

 

下部頸椎のゆがみが考えられる

理由としては姿勢の悪化です。

 

例えば、長時間のデスクワークや運転などは

首が前に傾いてしまうので猫背になってしまいます

 

首の骨は7つあるのですが、6番目や7番目の骨がゆがむと

その骨の間から出ている神経(腕神経叢)がわきを通って指先まで

通っているので、圧迫されると手にしびれが出ることが多々あります。

 

では、なぜ下部頸椎が歪んでしまうのでしょうか?

理由は2つあると思います。

 

1つは首の骨のラインです。

一度は聞いたことがあるかもしれませんが、日本人は

ストレートネックといって首の骨が真っ直ぐな人が多いです。

 

「真っ直ぐの方がいいんじゃないの?」

 

と思っている人もいると思いますが

実は首の骨のラインが緩やかに後ろにカーブ

することによって体の中心に頭が位置し

重みが首の下にかからず分散されます。

 

ストレートネックの患者さんの首を触ると

首の筋肉がガチガチにかたまって緊張しています。

 

これは常に頭の重みによって首が前に引っ張られて

いるので何もしなくても頭痛が出たり、首がはったりします。

 

また頭が前に倒れることによって肩も引っ張られて

丸まってしまい肩の筋肉が伸ばされて肩こりになる人も

多いです。

 

この場合は首や肩をマッサージしても

首の骨を矯正して頭の位置を変えてあげると、

根本的には治りません。

 

 

もうひとつは首の筋肉の弱化です。

まず、首の骨は腰や背中の骨と比べて

良く動くような構造になっています。

 

そのため固定力が弱いです。

 

例えば胸椎は肋骨と連結しているため

関節の動きが少なく歪むことが頸椎と

比べると少ないです。

 

腰椎も関節の構造上、大きく動かすと

ロックされて制限がかかるようになっています。

 

頚椎は動きが制限されると、たとえば寝違えや

交通事故でむりうちになりコルセットをした方なら

分かると思いますが、日常生活や仕事、車やバイクの

運転などに支障をきたします。

 

ですので頸椎の可動範囲は他の骨に比べて

大きくなっています。

 

首の骨がよく動いても土台がしっかりして

いなければ身体がフラフラと揺れてしまい

バランスを崩しやすくなります。

 

それを防いでいるのが土台となっている

首の下の骨、下部頸椎なんです。

 

関節の動きが制限されている胸椎と

つながっているため首を大きく動かしたり

頭がゆれてもここで、くい止めてくれるわけです。

 

例えるならメトロノームの土台の部分当たります。

 

ただメトロノームは針が軽いので土台が

動くことはありませんが、針にあたる首に頭が乗っているので

首が動くと3、4㎏もある頭も動くので土台である下部頸椎に

負荷がかかるということです。

 

ちょっと説明が長くなりましたが、首や頭の大きく

ゆれたり、動くと土台である下部頸椎に力がかかり

歪んでしまう原因となるということです。

 

下部頚椎のゆがみが原因で

小指や薬指のしびれが出ているなら、矯正することで

しびれが軽減、緩和します。

 

小指、薬指のしびれで悩んでいる方が

この記事を読んで、少しでもお役に立てたなら

嬉しいです。

その他の記事