まだ50代なのに足のつけ根(股関節)が痛くて階段の上り下りがつらく、杖をついて歩いています

介護職の50代女性の患者さんです。

 

股関節が痛くて整形外科でレントゲン、

MRIを撮ってもらっても異常がなく、

去年の10月頃から痛みどめ薬、

リリカやセルロックスを飲んでいました。

 

が、一向に良くならず当院に来て

頂きました。最初に問診をした時に、

 

「今は普通の歩行ができればいい」

 

と一生この痛みと付き合っていく

ような感じでおっしゃっていました。

 

8月から足のつけ根とお尻が痛くなり

10月に入ると痛みが消えなくて

薬を飲むようになりました。

 

病院で骨には異常はないので

 

「薬を飲んで安静にしておけば大丈夫です」

 

と言われたので安心していたそうですが、

痛みで足を引きずって歩くようになったので

不安になっていったそうです。

 

階段は片足ずつしか上がれず

座ってあぐらを組もうとしても股関節が痛くて

組めません。

 

長時間横向きで寝ていると直ぐに起き上がれなくなったり

時々、膝の力が抜けて“カクン”と崩れそうに

なることがあるそうです。

 

特に家庭菜園など中腰姿勢で作業した後は

痛くて眠れないそうです。

 

痛みは毎日変わり、足のつけ根だけでなくお尻や膝が

痛くなることもあれば、尾てい骨が痛くなることもあります。

 

当院で検査した結果、股関節の隙間がなくなって

癒着しつつある感じでした。

 

足を引きずって歩いている中年の女性の方は

これが原因であることが多いです。

 

当院の治療は少しずつ関節の隙間を

広げるような施術を行います。

 

ただ、長期間、癒着して慢性化していると強い

施術はできないので時間がかかります。

 

治療で良くなっているかどうか判断の仕方は

仰向きで寝てみて、痛みのある股関節側の足を

45度曲げて外側に倒してもらいます。

 

その倒れる角度で良くなっているかどうか

分かりますが、45度以上倒れない場合は

癒着している可能性が高いです。

どっちが怖い!?股関節の奥が痛いのか、それとも表面が痛いのか。

女性は閉経後、足のつけ根である股関節の痛みを

訴える方が非常に多いです。

 

股関節の表面が痛い場合は関節ではなく筋肉の問題が

多いのでそれほど怖くはないのですが、奥が痛い場合は

関節の炎症、ゆがみ、変形、癒着などいろんな問題があります。

 

その中でも股関節が癒着している場合は治療が

難しいため治療期間がどうしても長くなります。

 

理由は股関節は他の関節と違って直接、

触れない関節なので施術しにくいのと、

癒着している関節は可動域が狭いため

一気に広げようとすると負担がかかり悪化することが

あるからです。

 

治療をしても股関節がまったく動かない状態であれば

手術で人工関節を埋めることになると思います。

 

・階段を上るときに手すりを持たないと上り下りできない

・杖がないと歩けない

・長時間立っていることができない

・歩いても直ぐに足のつけ根が痛くなる

・あぐらがかけない

 

こんな方が股関節の手術をされています。

 

ですので、足のつけ根が痛くて歩きづらくなったら

直ぐに治療して下さい。

 

股関節痛はどれだけ早く治療するかしないかで

治る速度が全く変わってきます。

 

上記でも書きましたが、例え病院で異常なしと

診断されても、足のつけ根の痛みが続くようであれば

セカンドオピニオンで他の病院で診てもらうか、

もしくは股関節の治療が上手い接骨院や整体院に

行くことをお勧めします。

 

過去に長い間、股関節の痛みを我慢しながら

仕事をしていた患者さんがいました。

杖をつかないと歩けない状態になってから

来院されたのですが数回施術しても変化しなかったので

提携している病院で手術してもらいました。

 

それから、股関節の奥が痛い方にはできるだけ

早く治療を開始してもらいで間隔を開けないで

集中的に施術を受けてもらうことを勧めています。

老化ではないのに足を引きずって歩いたり、階段の上り下りが困難になったら要注意。

50代から60代で足のつけ根である股関節が

痛み始め歩きづらくなったり、階段の上り下りが困難に

なったら気をつけて下さい。

 

痛みを我慢して、何も処置しないで放置しておくと

数年後歩けなくなる可能性が高いからです。

 

骨粗しょう症などの老化現象であれば

病院でレントゲンを撮れば直ぐに分かるので

リハビリとして運動療法や食事療法など直ぐに

行うように指導されます。

 

老化現象とは

骨が変形したり、軟骨がすり減ったり、関節の隙間が

せまくなることです。

 

老化現象ではないのに、足のつけ根が痛い場合は

病院でレントゲンを撮っても異常なしと判断されるので

傷み止めの薬や湿布、リハビリ、マッサージなどで

終わってしまいます。

 

これで治ればいいのですが、治らない場合は

他に問題が必ずあるので治療内容を変えてもらうか

他の病院や接骨院、整骨院で診てもらいましょう。

 

治りが悪い股関節の痛みのほとんどが

股関節の隙間が狭くなって癒着している場合です。

 

完全に癒着してしまうと、痛くて歩けなくなるので

足を引きずって歩くようになったり、階段の上り下りが困難になって

きたら直ぐに治療しましょう。

 

足のつけ根が痛い股関節の痛みで悩んでいる方の

お役に少しでも立てれれば嬉しいです。

その他の記事