整形外科で手根管症候群と診断され、手首を温めていたら指が曲がらなくなり腫れてきました。

ハンドルをしっかり握ることができない

ドライバーの患者さんです。

 

10日前から手の平と手全体に痛みが出て

指が曲がらなくなりました。自分の力で手を

握ることができない状態です。

 

2年9ヵ月前に手根管症候群を発症し

飲み薬を服用して完治しましたが、

10日前に再発しました。

 

症状はしびれや夜間痛があり

薬を服用していましたが良くならず

リュウマチが温めると良くなるとネットで

書いてあったので、同じ手の疾患だったので

お風呂で温めていたそうです。

 

触ってみると手の手根部が腫れていて

指先が曲げられず、ギュッと握れない

状態でした。

 

手根管症候群はドライバーの方や

パソコンをよく使う方、フライパンなどシェフや

料理を良くする方、赤ちゃんを抱っこするお母さん

そして妊娠後期の方に多くみられる疾患です。

 

上記の患者さんは炎症を起こしていたのに

温めたために炎症が悪化し腫れがひどくなって

しまっために手全体がむくんでしまい指先、特に

親指が曲げれらない状態でした。

 

ですので、治療としては通常は

正中神経を圧迫している手根骨の舟状骨の矯正や

橈骨、尺骨の離解を縮める矯正、方形回内筋の調整を

行うのですが、まずはしっかり氷水でアイシングを行い

超音波を行いました。

 

指先は少し曲げやすくなり、腫れていた手根部も

柔らかくなりました。自宅でも患部を10分間、氷水でアイシング

するようにお願いしました。腫れが引けば通常の治療が

行えるので良くなる見込みです。

 

【手根管症候群で手が腫れていたら氷水で冷やしましょう】

親指、人差し指、中指がしびれ、箸やペン、ハサミが使えない手根管症候群の予防法

手根管症候群はひどくなると

手首から親指、人差し指、そして中指がしびれてきます。

また、親指の先と他の指先をくっつける動作がしづらく

なります。

 

最初はただの手首の痛みだと思って、湿布など

貼ってそのままにしてたら悪化して、整形外科などの病院で

受診するケースが多いです。

 

手根管症候群は直ぐに見つけることができれば

直ぐに良くなることが多いので安心して下さい。

 

ただ、手首を使うことがが多い人は手首を固定しないと

痛みやしびれが直ぐに消えないです。

 

手首を使わなければ症状は悪化しないので

テニスで使うようなリストバンドではなく、

ゴムバンドで巻くタイプのサポーターで

しっかり手首を巻いて固定すると

手首を使っても痛みやしびれが軽減します。

 

痛みやしびれが消えるまでは、手首をよく動かした後に

氷水で10分間冷やす習慣を行えばさらに早く良くなります。

 

また、ビタミンB6のサプリメントを摂取すると

良くなると言われています。

手根管症候群ではないけど指先が曲がらない原因とは

へバーデン結節(変形性関節症)

へバーデン結節や中年から高齢者の女性に多くみられ

関節の軟骨がすり減って指の第一関節がくの字に変形し

痛みがでる疾患です。

 

原因は不明ですが老化現象の一つと言われていて

良くみられる疾患です。特徴なのは指の第一関節以外は

変形しないのが特徴です。

 

症状が悪化すると、指の第一関節が腫れて大きくなり

指先を動かすと痛みを伴います。

関節リウマチ

朝おきて30分以上の手のこわばりがある方は

リュウマチの可能性が高いです。

 

特徴なのはへバーデン結節は指の第一関節が変形しますが

リウマチは変形しません。第二、第三関節に腫れや痛み、変形が

見られます。

 

原因はいまだに不明ですが、自分の細胞(骨)が

自分の細胞(骨)を壊してしまう自己免疫疾患が原因と

言われています。

 

関節リウマチは30代〜50代の女性に多く発症しますが

初期症状を見つけることは難しいです。

 

理由は血液検査(RA)を行えばリウマチかどうか

分かるのですが、初期段階では陰性として

結果が出るからです。陽性反応が出るのはある程度、

リュウマチが進行してからです

 

今は関節リウマチに効く薬が出ているので

血液検査で分かった場合は直ぐに病院で薬を

処方してもらい服用することをお勧めします。

 

ひどくなると変形が進み、指がまったく曲げられなくなり

日常生活に支障をきたします。

 

早期発見、早期治療が関節リウマチは大切になってきます。

ばね指(弾発指)

ばね指は手を握ると、指が曲がったままになり

指を伸ばそうとすると伸ばせなくて、無理やり伸ばそうとすると

バネのように指が伸びる疾患です。

 

腱鞘炎が進行すると腱が肥厚したり、腱を包んでいる腱鞘が

変形して腱がスムーズに動かなくなりばね指となります。

 

指をよく使う中年から高齢者の女性に多く見られ

ひどい場合は指全体が腫れ痛みを伴います。

 

腱鞘炎やばね指は手の使い過ぎによって起きやすいので

手を使う機会を減らせば自然と軽減してきますので

安心して下さい。

 

ばね指で仕事を休めなくてどうしても手を使わないと

いけない方は、仕事が終わった後に患部を氷水で

10分間冷やして下さい。これを、仕事がある日は

大変ですが痛みがひくまでは毎回行ってください。

 

理由は手を使いすぎることによって腱に摩擦が生じて

炎症を起こし腫れや熱感を生じるからです。

 

湿布やアイスノン、アイスパックはあまり効果が

期待できませんので面倒だとは思いますが

ビニール袋に氷と少量の水を入れて冷やしてください。

 

最初の三分間は冷えて痛いかもしれませんが

三分を過ぎると感覚が麻痺して痛みが消えてきますので

安心して下さい。氷水は0度以下にはならないので

凍傷の危険性もありません。

その他の記事