整体で腰椎すべり症が治ると思ったのに治らなかったのは、実は腰痛の根本的原因が○○○○だった。

結果から言いますと、実は腰のヘルニアが

根本的な原因でした。

 

病院で腰椎すべり症と診断されても、必ずしも

それが痛みの原因とは限らないということです。

 

なぜ分かったかといいますと

腰椎すべり症の方は腰を反らす、いわゆる後屈をすると

痛みやしびれが出ます。逆に腰を前に曲げる、いわゆる

前屈をすると痛みが消えたり緩和したりします。

 

腰椎椎間板ヘルニアの場合は例外を除いて

すべり症と逆の状態になります。

 

つまり、前屈をすると痛みやしびれが

腰からお尻に走り、後屈をすると痛みや

しびれが消えるということです。

 

上記の患者さんは接骨院や整体に

何回も腰椎すべり症の治療を行ったのに

改善されませんでした。

 

この時点で怪しいと思ったのですが

検査した結果、腰椎すべり症はあるのですが

痛みやしびれの原因はヘルニアからきている

ことが分かりました。

 

それから、何回かヘルニアの治療を行うと

今まで腰からお尻に出ていた強いしびれが

軽くなり徐々に良くなっていきました。

 

腰椎すべり症とヘルニアの治療の問題は

治療方法が全く逆になるということです。

 

ですのでヘルニアなのにすべり症の治療を

行えば悪化するということです。

 

また、臨床的には単純なヘルニアの方は少なく

腰椎すべり症とヘルニアをもっていたり

脊柱管狭窄症とヘルニアをもっていたりと

混合疾患の方が多いです。

 

もしも、腰痛で病院や接骨院、整体で

痛みが軽減しなかったり、良くならない場合は

もしかしたら原因そのものが違っていることが

ありますので注意して下さい。

 

原因があっているのに良くならない場合は

受けた治療が自分の身体に合っていない

こともよくあります。

 

治療はその人の身体の状態に

合わせて、常に行うことが大切です。

 

ですので痛みを伴う施術は、私は

悪化させてしまう危険性があると

思っています。

病院の診断結果がすべて正しいとは限らない

以前は病院から患者さんを紹介されると

先生の診断が絶対に正しいと思い込んで、検査もせずに

診断書に書かれていた疾患の治療をしていました。

 

ですが、あるとき病院から紹介された患者さんを

先生の指示通りに治療しても一向に良くならず、

逆に悪化していきました。

 

これはおかしいと思って、その先生には申し訳なかったのですが

提携しているもう一つの病院で、もう一度検査してもらいました。

 

そしたら違う疾患が隠れていて、それが根本的な

原因だと分かりました。

 

この時に医者だからと言って絶対はないと

良い経験をさせてもらいました。

 

もしも、病院で治療やリハビリを続けても

良くならない、もしくは変わらない場合は

積極的にセカンドオピニオンをお勧めします。

 

理由は時間とお金がかかるからです。

特に患者さんが多くて忙しい病院で診てもらうと

骨折など見落とすこともあります。

 

また、レントゲンでは異常ないから

湿布と痛み止めだけを処方されて終わる

場合もよくあります。

 

これは患者さんが多数来院する病院では、

時間がないので痛みがひどくない方は

そのように対処するしかないからです。

 

特に多いのが自律神経失調症など

精神的な不安定からくる体の痛みを訴える患者さんは

検査で異常がないと問題なしと診断されてしまいます。

 

でも、患者さんは痛みを訴えています。

 

ここが一番難しい問題だと思いますが

現実に心療内科に回される患者さんも

増えています。

 

本当にメンタル的疾患なら問題ないのですが

そうでもない患者さんがいることも確かなので

もしも、症状が改善しない場合は、あるゆる方面から

検査してもらうことが大切だと思います。

慢性疾患の原因を特定することは難しい

急性疾患、例えば足首の捻挫などは

原因が分かりやすいですが、慢性的な腰痛や肩こりは

原因と痛みが一致することはほぼ皆無です。

 

慢性疾患は痛みの期間が長いので

過去にどんな病気になったのか、同じような症状になったことがあるか、

どんな生活習慣をおくってきたのか、家族歴などじっくり問診を行わないと

根本的な原因が見えてこないのが現状です。

 

何年も痛みが続くのは普通では考えられないからです。

人間には自然治癒力があります。

 

例えば怪我をして出血したとしましょう。

そうすると体の免疫機能が働いて出血をとめるために

かさぶたになって傷を回復させます。

 

ですので痛みに対して本来ならば自分で治す力を

もっているはずなんです。

 

その痛みが消えないわけですから自然治癒力が働いていない

働かさせない何かが隠されているわけです。

 

それを見つけない限り、どんなに良い治療をしても

効果がでないと私は考えています。

 

腰痛の80%は原因が分かっていないと発表されていますが

私はそうではなくて原因が多すぎて特定できないのだと思っています。

 

慢性的な痛みの原因を見つけることは難しいですが

でも必ずあると私は考えています。

原因がないのに痛みが存在することは

おかしいと思っているからです。

 

もしもこの記事が、病院の診断結果に悩んでいる、

困っている方のお役に立てたならば嬉しいです。

その他の記事