お尻が痛いし坐骨神経痛もある。。 梨状筋症候群

  • お尻が痛い
  • お尻や足がしびれる
  • 足の動作がしずらい
  • 足の感覚が鈍い

梨状筋症候群って?

梨状筋症候群とは、名前の通り

お尻の一番深い所にある「梨状筋」

という筋肉が硬くなることによって

梨状筋の下を通っている「坐骨神経」

という神経が圧迫されてしお尻や足に

びれや痛みがでる疾患のことです。

梨状筋症候群の原因は?

デスクワークなどによって、長時間座ることにより

梨状筋が圧迫され凝り固まってしまう。

ランニングなど、運動のやりすぎ。

車を長時間運転する人にも梨状筋症候群の

人は多いです。

 

〈補足〉

座るなどして長時間お尻が圧迫されることにより

お尻の内部の血流低下はもちろん、

梨状筋にも乳酸がたまり、

硬くなる環境が出来てしまいます。

梨状筋症候群の症状は?

梨状筋症候群は、上でも述べたように

梨状筋が坐骨神経を圧迫することに

よって痛みやしびれが出ます。

 

ここで、坐骨神経がどんなものかを

説明します。

坐骨神経は、総腓骨神経と脛骨神経という

二つの神経よりなっている神経で、

お尻を通り、足へ向かいます。

足へ向かう途中の膝までは、一本の

坐骨神経として走行していますが、

ひざを超えるところで、総腓骨神経と

脛骨神経に分かれます。

 

以上のことを踏まえて梨状筋症候群の症状を

説明していきます。

 

まず、お尻と太ももの裏への痛みやしびれがあります。

ここからややこしくなりますが、総腓骨神経と脛骨神経で

どちらが圧迫されているかによって痛みやしびれの出る

場所が変わって来ます。

 

・総腓骨神経が圧迫されている場合

スネや膝下の外側にある筋を動かしている神経なので

つま先を上げる、足の指を上げるといった動作が

やりずらくなります。

そして、スネの前や足の甲の感覚が鈍くなり、痛みや

シビレが出ます。

 

・脛骨神経が圧迫されている場合

ふくらはぎの筋や足の指を曲げる筋を動かしている

筋なので、つま先立ちや指を曲げる動作が

やりずらくなります。

そして、足の裏の感覚が鈍くなり、痛みや

シビレが出ます。

 

両方の神経が圧迫されている場合、上記二つの

症状が出ます。

 

梨状筋症候群の対処法は?

梨状筋症候群の場合、梨状筋が

伸びた状態で固まってしまっている状態なので

梨状筋をしっかり使うようにして収縮させる

事が必要になるので、ウォーキングをすることを

お勧めします。

また、お尻を温めることもお勧めです。

その他の記事