膝の内側が痛い。。。 タナ障害

  • 膝が痛い
  • 膝のお皿の下に違和感がある
  • 膝を屈伸するとコキコキと音がする

タナとは?

タナとは、、 膝の関節の中には、

滑膜という膜があり、その滑膜から

滑膜ひだといヒダがあり、そのヒダが

棚のように見えることからタナと呼ばれています。

タナ障害の症状は?

・スポーツ時に、膝の皿の内側に

痛みや引っかかり感がある。

→膝を曲げることで痛みが増大。

 

・膝の屈伸時に皿の下に何かが引っかかる

感じがある。

→「コキコキ」と言うような音がする。

 

・膝の皿の下に違和感やおもだるい感じがある。

 

タナ障害の原因は?

膝の屈伸の反復により、タナが膝の皿と

大腿骨(太ももの骨)の間に挟まれ、

大腿骨の下の膨らんだところですれて

炎症を起こし痛みが出ます。

膝を酷使することにより、太ももの筋肉が

疲労し緊張が強くなり、タナの摩擦が強くなり

症状が出やすくなります。

タナ障害かどうかを見極める方法

一番簡単なやり方として、

第三者に膝の皿の内側に親指を

当ててもらい、患者はその状態で

膝の屈伸を行います。

このとき「コキコキ」と音がしたら

タナ障害の可能性が高いです。

タナ障害の対処法は?

軽傷の場合なら安静もしくは、

運動後のアイシングや大腿四頭筋(太ももの筋)の

ストレッチが効果的です。

重症の場合はタナを取ってしまう手術に

なる場合もあるので痛みがひどい場合は

病院に行きましょう。

 

↓大腿四頭筋のストレッチ

その他の記事