ふくらはぎの内側が痛い。。。 シンスプリント

  • ふくらはぎの内側が痛い
  • 合っていない靴を履いている
  • スポーツをやっている

シンスプリントとは?

シンスプリントとは、ふくらはぎの

筋肉が緊張し硬直することにより

スネの骨の周りについている骨膜という

膜が引っ張られ痛みが出る疾患です。

 

ふくらはぎにある、ヒラメ筋や後脛骨筋、長趾屈筋

などがシンスプリントを引き起こす原因となる筋肉です。

シンスプリントの原因は?

シンスプリントの多くは使い過ぎによるものです。

その他にも、合っていない靴を履いている人

がなる場合があります。

それ以外には、繰り反しランニングやジャンプを

するスポーツをしているとシンスプリントに

なりやすいです。

 

シンスプリントの症状は?

シンスプリントの症状は、ふくらはぎの

内側の痛みや運動時の痛み、腫れなどがあります。

シンスプリントを放っておくと脛骨(すねの骨)の

疲労骨折を起こすこともあります。

シンスプリントの症状のひどさの度合いを下記に

まとめます。

1度~4度の4段階で段階分けをして、

数字が大きくなればなるほど症状がひどいです。

 

1度:痛みはあるがウォームアップで痛みは消失する。

2度:ウォームアップで痛みは消失するがスポーツ活動

終了間際に痛みが出る。

3度:スポーツ活動中は常に痛むが、日常生活に支障はない。

4度:常に痛みがあり日常生活に支障が出る。

シンスプリントの対処法

シンスプリントの対処法をお伝えします。

一般的にシンスプリントの対処法としては

アイシングがメジャーですが、

実はシンスプリントは冷やすより温めた方が

良いんです。

なぜかと言うと、上でも述べたようにシンスプリントは

筋肉が緊張し硬直することによって痛みが出ます。

そこで質問です、皆さんなら目の前にカチカチに凍った

豚肉が置いてあって今から食べようとするときどうしますか?

もう一度冷やしますか?温めて解凍しますか?

温めますよね?それと同じだと思ってください。

 

*ですが運動した直後はふくらはぎが炎症を起こし

腫れていると思うのでその場合は氷水で冷やしてください。

 

最後にシンスプリントに効果のあるストレッチを紹介します。

まず、壁に手をついて体操のアキレス腱のような体制に

なってください。

その時、ふくらはぎが伸びている感じをイメージしながら

ストレッチを行ってください。

*ストレッチを行って痛みが出る場合には、控えてください。

 

↓シンスプリントのストレッチ

その他の記事