遺伝する可能性もある!? 関節リウマチ

  • 関節が痛い
  • 微熱がある
  • 体がだるい。倦怠感がある。
  • 朝に関節がこわばる

良く聞くけど関節リウマチって何?

関節リウマチとは、関節が炎症を起こし

軟骨や骨が破壊されて、関節の機能が

損なわれ放っておくと関節が変形してしまう

病気です。

腫れや激しい痛みを伴い、関節を動かさなくても

痛みが出るのが関節リウマチの特徴です。

 

関節リウマチは30~50歳の人に多く

男女比としては、女性の方が男性よりも

4倍近く発症しやすいとされています。

これは、閉経や妊娠などのホルモンバランスの

変化が関係しているのではないかと考えられています。

関節リウマチの原因は?

関節リウマチの原因は、実はまだ

分かっていません。

ですが、今回は関節リウマチの原因なのでは

ないか、という報告がいくつかあるので

その中から1つ紹介いたします。

 

・リウマチが遺伝するのではないかという説

リウマチ患者の家系調査のデータでは、3親等以内の

発症率が高く、30%以上にまで上ることが分かっています。

リウマチその物が遺伝するのではなく、遺伝的な要素が

やや関連するのではないかと指摘されています。

 

 

確実な原因は分かっていませんが、

昔は治らない難病とされていたリウマチも

今では初期治療を行い抗炎症剤を飲んでいけば

リウマチの進行を止めることが出来る病気にまでなってきました。

もし関節が痛いなと思ったら病院に行ってみても

良いかもしれないです。

 

 

リウマチの症状は?

リウマチは手足の関節に症状が

出ることが多いです。

リウマチは片手、片足の出ることは

少なく両手、両足に罹患する場合が多いです。

最初の兆候としては関節の腫れや痛みが6週間以上

続いている場合はリウマチである可能性が高いです。

 

・関節に出る主な症状

朝の関節のこわばり、腫れや痛みなどです。

 

・関節以外に出る主な症状

微熱、倦怠感、や気分の沈み。

肺炎などの肺の障害。

骨粗しょう症を罹患する。

心筋梗塞などの心疾患。

強膜炎などの眼疾患。

*強膜症とは?

強膜症とは、眼球の一番外側を覆っている

強膜という膜(一般に白目と呼ばれているところ)

が炎症を起こしてしまう疾患です。

リウマチの進行度による症状の違い

リウマチの症状の進行度による

症状の違いを4段階に分けて

説明します。

 

1度:X線などによる画像評価で

骨や軟骨に破壊がない状態。

2度:軟骨が破壊され骨と骨の間が狭くなっている

状態だが骨破壊は無い。

3度:骨膜の増殖により、骨・軟骨ともに破壊された状態。

4度:関節の隙間が無くなり、骨と骨が密着・固定された状態。

 

その他の記事