お尻や股関節、太ももが痛い  変形性股関節症

変形性股関節症とは?

・股関節が痛くなる代表的な疾患。

関節の動きを滑らかにしている

関節軟骨という軟骨が何らかの原因で

すり減ってしまうために起こります。

 

・日本では生まれつき股関節にやや問題がある

「先天性股間節脱臼」や「先天性臼蓋形成不全」などの

ある人が後年、変形性股関節症を発症するケースが

多いですが、特に股関節に問題がない人も

老化などにより、変形性股関節症になります。

 

・変形性股関節症は、特に女性になりやすいです。

女性は関節が緩く周囲の筋が弱いので、関節軟骨どうしが

擦れて変形性股関節症になりやすいです。

また、股関節が横に広く体の中心線から

股関節が遠ざかるので股関節により大きな負担が

かかるようになり変形性股関節症になりやすいです。

変形性股関節症の症状って?

・初期症状としては、運動後や長く歩いた後などに

股関節だけでなくお尻や太もも、膝の上などに

痛みが出る場合が多く数日安静にすると

痛みは消失します。

 

・上記より少し症状が進むと、動き出すときに

股関節周辺に痛みが出るようになり、

痛みのある場所が次第に股関節に限定

されてきます。

 

・さらに症状が進むと動かしたり歩いたりするだけで

股関節の前後が痛むようになり、一休みしないと

歩けないなどと言った「運動時痛」が出るようになります。

 

・最終的に安静にしていても痛みが出るようになり、

痛みの程度も段々と強くなっていきます。

股関節に水がたまり腫れたり、夜間寝ている際に

痛みが出るようになります「夜間痛」。

 

変形性股関節症の原因は?

変形性股関節症の原因は、上でも述べたように

「先天性股関節脱臼」や「先天性臼蓋不全」などが

上げられますが、後天的なものでも、赤ちゃんを

親御さんが早くから立たせようとした場合にしっかりと

股関節の構造が完成されていないにもかかわらず

赤ちゃんを立たせてしまうので股関節に負担がかかり

後天的な股関節の形成不全を起こしてしまい将来的に

変形性股関節症になってしまう可能性が高くなってしまいます。

その他の記事