膝で一番多い靭帯損傷って? 内側側副靭帯損傷

  • サッカーをしている
  • バスケをしている
  • ラグビーをしている
  • 膝の内側に痛みがある

内側側副靭帯損傷とは?

内側側副靭帯とは、膝の内側で

太ももの骨とすねの内側を結んでいる

靭帯で、膝の内側が開いてしまうのを

防いでいます。

 

膝の内側が開いてしまう力が膝にかかり

靭帯の力では制御しきれなくなった時に

内側側副靭帯損傷が発生します。

内側側副靭帯損傷が起こる原因は?

前十字靭帯損傷が起きる場合と同じように

KNEE in TOO out の状態(膝が内側に入り、

つま先が外を向いている)で起きる可能性が

高いです。

また、純粋に膝が内側に以上に入ってしまった場合にも

損傷されやすいです。

 

バスケの場合だと急な切り返しの動作時。

サッカーならボールを挟んで相手とけり合いに

なった時。

スキーなら転倒の際などに、膝が内側に

入るのが強制された時。

ラグビーなら膝の外側からタックルされ、

膝が内側に入るのを強制された時。

 

などが内側側副靭帯損傷を起こしやすい

スポーツでの受傷機転です。

 

下図にラグビーでのタックルの際の

膝の動きを示した図を示します。

内側側副靭帯損傷の症状は?

内側側副靭帯損傷では重症度別に

1から3段階で分類されます。

 

・1度損傷(内側側副靭帯の部分断裂)

膝の内側に軽い圧痛(押すと痛い)がある。

膝の不安定性(膝がぐらぐらする感じ)は無い。

 

・2度損傷(内側側副靭帯に断裂が多数ある)

痛みが強く膝を伸ばすことが出来ない。

膝の内側に強い痛みがある。

膝の不安定性がある。

 

・3度損傷(内側側副靭帯の完全断裂)

内側側副靭帯が完全に断裂しているため

受傷後の痛みはあまりない。

膝の不安定性がある。

稀に膝くずれ(膝のちから抜けてくずれ

落ちる感じ)が起きる。

 

 

内側側副靭帯損傷の対処法は?

受傷直後の応急処置としては、

床にあおむけで横になり、膝を箱のようなものの

上に乗せ、膝を挙上するようにして、その状態で

膝を氷水で冷やしてください。

すぐに整形外科などの医療機関に行ける場合は

膝を氷水で冷やしたままできるだけ患部を

動かさないようにして医療機関に向かってください。

その他の記事