見た目はリウマチ!? へバーデン結節・ブシャール結節

  • 手の第一関節が変形している
  • 手の第二関節が変形している
  • 朝のこわばりは無い

へバーデン結節・ブシャール結節とは?

・手の指の第一関節が変形している

→へバーデン結節

・手の指の第二関節が変形している

→ブシャール結節

 

指の第一関節や第二関節の隙間が狭くなり、

変形し痛みが出る場合もある疾患です。

 

見た目がリウマチと似ているのでリウマチだと

思い病院に来る患者さんがいますが、

リウマチの場合は第一関節には起こらないので

第一関節に変形がみられる場合は、へバーデン結節

だと思ってください。

もし第二関節に変形がみられてもリウマチは症状として

朝のこわばりが見られますがブシャール結節には

見られないので、そこで判断して頂ければと思います。

 

へバーデン結節・ブシャール結節の症状は?

・関節を動かすと痛みがある

(痛みがない場合もある)

・ミューカシストという水ぶくれのようなものが

関節部にできることがある。

・指を曲げ、じゃんけんのグーのような状態にすると

痛みが出るため物を握ることが出来ない。

・へバーデン結節は、親指(母指)、人差し指(示指)

中指の順に発生頻度が高い。

・ブシャール結節は、中指、薬指(環指)の順に多いです。

 

へバーデン結節・ブシャール結節の対処法は?

対処法としては、まずサージカルテープ

(医療用の紙テープ)を用意してください。

 

1、サージカルテープを指先から第二関節くらいまでの

長さで切ったものを3本用意してください。

*下図黒色の部分

2、そのうちの1本を変形している関節の真ん中に

貼ってください。

*下図黒色の部分

3、もう1本を指先に近い位置にテープを半分ずらして

貼ってください。

*下図赤色の部分

4、最後に残ったテープを指先に貼った逆側の位置に

テープを半分ずらして貼ってください。

*下図青色の部分

 

サージカルテープがない場合は、ばんそうこうを

変形しているところに貼って頂いても代用は可能ですが、

サージカルテープ使うことをお勧めします。

その他の記事