車の乗り降りがつらく、長時間歩くと腰と足が痛い3つの原因と予防

こんな悩みありませんか?

  • 車の乗り降りがつらい
  • 長時間歩くと腰が痛い
  • 腰を反らすと痛い
  • 足や足首に鈍痛がある
  • 中腰で踏ん張れない

長時間、運転すると必ず腰が痛くなる原因

長時間運転をすると腰が痛くなる方は多いと思います。

 

何で腰が痛くなるかといいますと

1つは血流が悪くなって腰の筋肉がかたく

なってしまうからです。

 

今の車はシートが腰のラインにフィットして

固定されるように作られていますが、逆にそれが

腰痛を誘発させる原因になります。

 

理由はしっかり固定されるために

腰が動きにくくなります。そのため

高級車だとマッサージ機能がついています。

 

特にシートが深くて、座った時にお尻が

沈み込むような柔らかさだと長時間運転すると

腰痛になる確率が高くなります。

 

少しでも腰とシートの間に隙間がある方が

腰の筋肉が張ってきた時に運転しながら

腰を伸ばしたり、動かしたりして痛みやこりを

未然に防ぐことができます。

 

もし、長時間運転すると腰に痛みが出る方は

シートと腰の間にちょっと固めのクッションを

入れることをお勧めします。

 

クッションを入れた時に腰が少し

反るくらいの大きさがベストです。

 

これによって腰が動かしやすくなり

また、クッションを入れることによって

腰が伸びてストレッチされるので

腰痛予防になります。

長時間歩くと腰が痛くなる原因

車生活で普段歩かない人が長時間歩くと腰が痛くなることが

あります。例えばショッピングで長時間歩いていたり

子供を抱っこして歩いていたら腰が急に痛くなった

経験はありませんか?

 

これは一体、腰の中で何が起きているのでしょうか?

 

人間の腰は少し反っているのですが、これが

腹筋などの筋力低下や運動不足による体重増加で

お腹が出てくると腰が反り過ぎてしまい腰痛の原因になります。

 

このタイプの腰痛は前屈すると痛みはなく

後屈すると腰が痛くなります。

 

腰の骨と骨の間には隙間があるのですが

腰が反り過ぎるとこの隙間が狭くなり、

骨と骨がぶつかって痛みが出ます。

 

痛みの場所は骨の衝突が原因なので

腰の真ん中に症状が出るのが特徴です。

 

長時間歩いて痛くなると、腰を反らすのを

避けるためにしゃがんだり、椅子に座ったりして

腰を丸めて休みたくなります。

腰を前に倒しても、後ろに倒しても痛く、中腰で踏ん張れない原因

ぎっくり腰ではない腰痛であれば

ほとんどの場合、痛みのない姿勢があるはずです。

 

例えば脊柱管狭窄症や分離症やすべり症、

腰骨の歪み(椎間関節症)や椎間孔狭窄症は

腰を前に曲げたり、座ると楽になります。

 

椎間板ヘルニアは腰を後ろに反らしたり

立っていると楽になります。

 

立ったり、座ったりしても痛い場合は腰椎の

5番と仙骨の間のヘルニアの可能性があります。

 

腰を前後に倒しても痛いのですが、どちらかというと

腰を反らした時の方が早く痛みが出ます。

 

治療は整形外科などの電気、牽引、マッサージなどで

何回も通院しても改善されないことが多いので

ヘルニア治療専門の病院、接骨院整体で

施術を受けることをお勧めします。

まとめ

腰痛が続くときや、腰の痛みがお尻から足に向かって

下がってきた時は坐骨神経を圧迫している場合があります。

 

神経痛は痛みが強く出る鋭痛と痛みが弱い鈍痛があり

初期症状は鈍痛であることが多いです。

 

最初は気づかないので我慢して生活や仕事をしていますが

次第に症状が悪化すると痛みに耐えられなくなり、しびれなどの

症状も発症します。

 

ここまで進行すると、治療しても直ぐには良くならず

時間がかかります。

 

ですので、軽い腰痛だからといって我慢していると

後で大変なことになることもあるので早めの対処が

必要です。

 

実際に半年以上、腰痛を我慢して手術された

患者さんもいました。

 

痛みの度合いよりも、痛みが消えない、変わらない場合は

悪化する方向に向かうことがあるので直ぐに病院で検査して

もらうことをお勧めします。

その他の記事