病院で診断された“ストレートネック”による頭痛・肩こりの原因と治療法

こんな首の痛みの悩みはありませんか?

  • 病院で“ストレートネック”と言われたことがある
  • シャワーなど上を向くと痛い
  • 首が痛くてペットボトルが飲めない
  • 車の運転で首が回しづらい
  • 薬を飲んでも頭痛・肩こりが良くならない

頭痛になりやすいストレートネックとは?

ストレートネックという言葉はよく聞いたことが

あるかと思いますがどんな状態かは分からない方が

多いと思います。

 

訳すと「真っ直ぐな首」という意味なのですが

首の骨は7つあり、それが真っ直ぐなラインに

なってしまっていることです。

 

一般的には緩やかなカーブを描いています。

これによって首の骨がスプリングの役割をして

重たい頭を支えることができ、さらに頭の位置を

身体の中心に位置することができます。

 

ストレートネックになると頭の位置が前に垂れ下がって、

目線が下がるため、真っ直ぐにするために

顎を上げて調節します。

 

この時に後頭部の筋肉が緊張し、その筋肉から出ている

神経や血管を圧迫します。この神経や血管が頭を通っているので

頭痛や片頭痛を引き起こすことになります。

 

ストレートネックになると首の骨が棒のようにかたくなり

竹のようにしならなくなるので、頭の位置を後ろへ戻そうとすると

どうしても顎が上がってしまい後頭部に負担がかかってしまいます。

 

ストレートネックになる原因としては、下を向いて長時間

作業をしている方がなりやすいです。

 

年々、ストレートネックになる人が増えているのは

パソコンやスマホの時間が増え続けているので

ある意味、現代病だと思います。

 

今後も増々増え続ける危険性がありますので

注意が必要です。

朝おきて、首が痛いから寝違えと思っていた!

朝おきて首が痛いから寝違えだと思って

安静にして湿布を貼っておけば

いつか治ると思っている方がいます。

 

ですが、もしも痛みが引かなければ、それは

ストレートネックによる首の痛みの可能性があります。

 

寝違えの場合は、安静にすれば少しずつ引いていきますが

ストレートネックの場合は痛みが引かないばかりか、悪化する

こともあります。

 

特に首を回すと痛みが走り、上を向くことができません。

ストレートネックは直ぐに発症することは少なく、時間を

かけて起きることがほとんどです。

 

毎日、8時間デスクワークのお仕事

荷物の検品、レジ打ち、スマホのやり過ぎなど

下を向いて作業をしていることが日々続くと

その積み重ねによって首の骨が真っ直ぐになり

かたまってストレートネックになっていきます。

 

もしも朝起きて、首が痛い場合、患部を氷水で

冷やしても痛みが引かない、首が回らない場合は

ストレートネックが原因である可能性があるので

病院でレントゲンを撮ってチェックしてもらいましょう。

 

そうすれば、自分の首がストレートネックかどうか

直ぐに分かります。

接骨院や整体でマッサージしても治らないのは?

ストレートネックは骨の問題なので

筋肉をいくらマッサージをしても治ることはありません。

 

筋肉がゆるんで楽になったとしても、首を回したり

上を向くことが困難だと思います。

 

治療としては首の骨の矯正です。

バキバキ矯正をしなくても、首の骨を少しずつ動かしてあげる

だけで改善されますので安心して下さい。

 

ストレートネックは首の関節が固定されている

状態なので、それを解除してあげれば解決します。

 

ただし、長年ストレートネックで悩んでいる方は

首の関節が動かしにくくなっているので治療に時間が

かかると思います。

 

ですが骨の変形さえしなければ治らない

病気ではないので心配しなくても大丈夫です。

 

痛みのない骨格矯正をしてくれる治療院で、

ストレートネックを根本的に治療してくれる接骨院や

整体に通えば良くなると思います。

 

改善しているかどうかの判断は

痛みよりも首の動く範囲が広がっているか

いないかです。もしも、痛みが軽減しても

首の動きが改善されていない場合は根本的に

治っていない可能性があります。

 

病院でストレートネックと言われて、首の痛みだけでなく頭痛が出るようになったらどうしたらいいの?

首が痛くて、頭痛や片頭痛も頻繁に出てきたので

病院でレントゲンを撮ってもらったら

 

「これはストレートネックが原因ですね」

 

と言われて、傷み止めの薬だけ処方されて

終わりということがよくあります。

 

病院では骨折など首の骨自体に問題が

なければ根本的な治療は行いません。

骨の歪みが良い例ですね。

 

では、自分でストレートネックを

治すにはどうしたらいいか?

 

お勧めなのは、バスタオルを2回たたんでから

ロールケーキのように丸めて、それを首の根元に入れて

仰向きで寝ます。この時、枕なしでお願いします。

 

寝た時にちょっと顎が上がる程度の高さが

ベストです。

 

バスタオルがてこの支点の働きをすることによって

頭の重みで首が伸ばされてストレッチされます。

これを寝る前に1o分間行ってから、寝てください。

 

このリハビリを行った後は枕を使って寝ても

かまいませんが、できるだけ低い枕を使うことを

お勧めします。

 

経験上、ストレートネックの方は高い枕を使いがちなので

最初から低い枕はつらいと思うので少しずつ低い枕に

変えていくことをお勧めします。

 

もしも枕を変えて首に痛みが出た場合は

また元の枕に戻して下さい。

まとめ

ここ数年でストレートネックで首の痛みや肩こり

頭痛で悩む方が急増しました。

 

もともと、ストレートネックは日本人に多いのですが、

やはりパソコンからノートパソコンへ、

携帯からスマホに変わったことによって

頭を下げる姿勢が増えたことが原因だと思います。

 

ストレートネックになっても、意外と自分で気づくことは

少なく単なる肩こりや首の痛みだと思い込んでいる方が

多いです。

 

そしてある日、突然、首が痛くて回らなくなって

不安になり、慌てて病院でレントゲンを撮って

診てもらったらストレートネックだと気づくことが多いです。

 

ストレートネックの初期症状は痛みよりも

首が回しづらくなります。特に左右や上に向くことが

つらくなります。この状態が続くと痛みや頭痛が

発生します。

 

ですので、以前よりも首が回しづらくなったら

痛みが出る前に病院や接骨院、整体で診てもらって

治療してもらうことをお勧めします。

 

ひどくなると頸椎ヘルニアになる恐れも

ありますので、気になったら直ぐに

チェックしてもらいましょう。

 

ストレートネックで悩んでいる方がこの記事を読んで

少しでも参考になれば嬉しいです。

お客さまの声

初回の施術を受けて、首の痛みも軽減しましたが、それ以上に驚いているのが、 日常生活の中での動きがとても楽になりました。(首痛)

慢性的な首の痛みに悩まされていました。

初回のカウンセリングで、自分の骨格・骨盤の歪みのパターンを教えて頂き、

首の痛みに対して、部分的な対処療法ではなく、全身のゆがみを直すことで

部分の症状も治っていく、そういうアドバイスと治療方針を提案してもらいました。

 

初回の施術を受けて、首の痛みも軽減しましたが、それ以上に驚いているのが、

日常生活の中での動きがとても楽になりました。

これを機に、自分のこれまでのスポーツ不足を直し、自分の身体のことを

真剣に考えてみたいと思うようになりました。

 

やはり、健康あっての仕事や人生だと思うので、

今後も定期的に通いたいと思います。

伊藤周太郎   愛知県春日井市  37歳

その他の記事