高齢者に多い骨折?? コーレス骨折

  • 高齢者
  • 手首の変形
  • 手がしびれる

コーレス骨折(橈骨遠位端骨折)とは?

コーレス骨折とは、橈骨と言う前腕の骨が折れてしまう

骨折のことです。

 

コーレス骨折は高齢者に多い骨折として

知られていますが、若者がコーレス骨折を

する場合はバイク事故などのハイエネルギーな

衝撃によって骨折するケースが多いです。

 

前腕は橈骨と尺骨と言う2本の骨で構成されていますが

コーレス骨折で尺骨の茎状突起骨折も合併すると

治療が難航する場合が多いです。

 

この二つの骨の関係を下図でしまします。

コーレス骨折の原因は?

コーレス骨折の代表的な原因は、

高齢者が転倒した際に手を地面につき

骨折を起こします。

若年者では、転倒して骨が折れることはほとんどないですが

高齢者の場合は、骨粗しょう症を発症している場合が多いので

骨が脆く骨折を起こしてしまいます。

コーレス骨折の折れ方は?

コーレス骨折では、特徴的な骨折後の

変形として、フォーク背状変形と言う変形をします。

フォーク背状変形とは、名前の通りフォークを下向きに

置いた時のような変形のことをさします。

コーレス骨折の症状は?

骨折ですので、もちろん痛みはありますが、

その他に、骨折部で正中神経と言う神経が圧迫

された場合、正中神経に支配領域にしびれが出ます。

 

*正中神経の支配領域は下図の赤線で示します。

コーレス骨折をした時の病院に行くまでの対処法は?

まずは、安静にすること。

そして患部を冷やせる氷水がある場合は

冷やしてください。

最後に、できるだけ患部を頭の位置くらいまで

挙上してください。

 

これらをすることにより腫れを抑えることができ

治療がスムーズになります。

その他の記事