子供がスポーツをやっていて、かかとが痛いと言ってるけどなんだろう? 踵骨骨端症(シーバー病)

  • かかとが痛い
  • サッカーや野球などのスパイクを履くようなスポーツをやっている
  • 10歳前後の成長期が来ている子供

踵骨骨端症とは?

・6~14歳の子供に多く、オスグッドなどの

成長に伴う疾患と似た疾患です。

 

・踵骨骨端症とは、その名の通り踵骨(かかとの骨)が

ふくらはぎの筋肉に引っ張られることによって痛みが出てしまう疾患です。

 

・踵骨骨端症は別名「シーバー病」とも呼ばれています。

 

 

踵骨骨端症の原因は?

原因としては、成長期の骨の成長と、

筋肉の成長のスピードが釣り合わなってない場合に起こります。

骨がどんどん成長してしまい、筋肉が骨の成長スピードに

ついていくことが出来ずに筋肉が常に骨に引っ張られる状態になります、

そうなったときに筋肉の柔軟性がないと、逆に筋肉が骨を引っ張る形に

なってしまい骨に痛みが出てしまいます。

 

もう一つの原因としては、スポーツ活動時にスパイクを

履く場合に痛みが出やすいです。

なぜかと言いますと、スパイクは地面からの衝撃を

受けやすく、足の裏に直に衝撃が伝わってしまうので、

かかとに痛みが出やすくなります。

 

 

 

踵骨骨端症の症状は?

・かかとの痛み。

 

・症状が進行すると歩くだけで痛みが

出てしまうことがあります。

 

・場合によっては、ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)

にも痛みが出てくる場合もあります。

 

 

 

踵骨骨端症の対処法は?

・ふくらはぎの筋肉が緊張して、

骨を引っ張っているのでふくらはぎの筋肉を

出来るだけ緩めることが大切です。

 

そのためにするべきことを以下に紹介します。

 

・かかとの少し高い靴を履く。

(かかとの高い靴でなくても、かかとを高くする

インソールがスポーツ用品店などで売っているので

そちらを使用されるのもいいかもしれません。)

 

・スパイクなどの、足の裏に衝撃が直接伝わってしまう靴を

履くのをやめる。

(どうしてもスパイクを履かないといけないと言う場合は

スパイクの中にクッション性の高いインソールを入れてから

スパイクを履くようにしてください。)

 

・ふくらはぎの筋肉のストレッチ。

お風呂上りなどに、体操にもある「アキレス腱」の姿勢を

とってもらいストレッチを行ってください。

*ストレッチが強すぎると逆効果になってしまうので注意して下さい。

 

・ふくらはぎを温めて、かかとを冷やすのも効果的です。

ふくらはぎの筋肉を緩めると言う意味で、ふくらはぎを

温めて、かかとは炎症が起きているので、その炎症を抑えるために

かかとを冷やします。

その他の記事