短距離走をしていたら急にふくらはぎに激痛が  ふくらはぎの肉離れ

  • 体が硬い
  • 筋肉が疲労している
  • 歩くとふくらはぎに痛みがある

ふくらはぎの肉離れとは?

ふくらはぎの筋肉である、腓腹筋の

特に内側の筋腱移行部で肉離れが起きやすいです。

*筋腱移行部=筋肉が腱(アキレス腱)に変わっていく部分。

 

 

ふくらはぎの肉離れの原因は?

原因としては、

・筋肉の柔軟性の欠如が挙げられます。

筋肉の柔軟性が良くないと、筋肉が伸びれる許容範囲が

少なくなってしまうので肉離れが起きやすくなってしまいます。

例としては、固くなった輪ゴムを少し引っ張ると簡単に

ちぎれてしまうような感じをイメージしてもらえれば、

分かりやすいと思います。

 

 

・筋肉の疲労

筋肉は疲労がたまると硬くなってしまいます。

筋肉が硬くなると言うことは、筋肉の柔軟性が

低下することにつながるので肉離れが起きやすくなります。

 

 

ふくらはぎの肉離れの症状は?

症状としては、軽度、中度、重度と

3段階に分けることが出来ます。

 

・軽度

筋肉の小範囲での断裂で、痛みも

少なく、自力で歩くことも可能です。

 

・中度

筋肉の中範囲での断裂で、皮下出血(いわゆる”あざ”)が

生じ、自力で歩くことが出来ないケースもあります。

 

・重度

筋肉の広範囲の断裂で、断裂部位を

触ると、陥凹を触れることが出来ます。

痛みはかなり強く自力で歩くことは、不可能です。

 

 

ふくらはぎの肉離れの予防方法は?

一番重要なのは、入念なストレッチをすることです。

特に、短距離走などでは肉離れが起きやすいので、

瞬発的な動きをする前は、特にストレッチを

しっかり行ってください。

 

そして、もう一つは疲労をためないこと。

運動をした後は、アイシングで冷やしたり、

マッサージを行ったりして、身体をしっかり休めてください。

 

 

ふくらはぎの肉離れの対処法は?

まず、安静にすることです。

肉離れをした直後は、しっかりと冷やして

患部を心臓よりも高い位置に挙上してください。

 

もし、歩行ができないほど痛みが強い場合は、

病院に行くようにしてください。

その他の記事