上を向くと手や肩、わきや肩甲骨がしびれる椎間孔狭窄症の治療と対処法

  • 上を向くと手がしびれる
  • 下を向くと楽になる
  • 病院でストレートネックと診断されたことがある
  • 寝違えをよくする
  • 枕を高くしないと寝れない

上を向くと手がしびれる椎間孔狭窄症とは

椎間孔狭窄症とは首の上の骨(上関節突起)と下の骨(下関節突起)の

隙間から出ている神経を何らかの原因で圧迫して、手や肩、肩甲骨が

しびれる疾患です。

 

椎間孔狭窄症特徴としては上を向くと首が痛くて

腕がしびれ下を向くと痛みが軽減ししびれが消えます。

 

突然、症状が発症することがあれば

最初は首痛や肩こりから始まり、そこから悪化して

首から肩、わきや肩甲骨にかけて痛みやしびれが

出る場合が多いです。

 

症状が強い場合は病院のレントゲンで発見されることも

ありますが、見つからないこともあります。

 

原因としては、首の骨の歪み、頚椎の変形や

首の骨と骨の間にあるクッションの役割をしている

椎間板が薄くなる、頚椎の関節軟骨がすり減るなどが

考えられます。

 

安静にして症状が改善されることもありますが

痛みが長期間、続いている、我慢していた場合は、

整形外科などの病院で首の隙間を広げるために

牽引などの治療を行いますが長引くことが多いです。

 

椎間孔狭窄症になりやすい人は天井などを工事する

内装屋さんやドライバーの方に多くみられます。

病院での椎間孔狭窄症の治療

一般的には首の骨と骨の間が狭いので

そこを広げる治療になります。

 

整形外科などの病院では牽引が

一般的ですが、症状がひどい場合には

神経ブロックなどの注射や痛みどめが処方されます。

 

ただし、神経の圧迫がひどく放置して

慢性化している場合には治療期間が長くなります。

 

とにかく上を向いて手がしびれたら直ぐに

病院でレントゲンを撮って骨の状態がどうなっているのか

確認することが大切です。

 

手術をする場合もありますが、よっぽとひどくなければ

リハビリなどで治療を続けます。

 

椎間孔狭窄症は早期発見、早期治療で治る期間が

変わってきますが、最初は気づかない場合が多いです。

対処法

自分でできる椎間孔狭窄症の対処法は2つあります。

1つは枕を高くして寝ること。

 

痛みやしびれが引くまでは枕を高くすることによって

首が牽引されますので症状が緩和されると思います。

 

もしも、朝起きて痛い場合は枕が高すぎるか

もしくは枕から頭が外れていると思います。

 

自分で高さを調節しながら、一番痛みやしびれの

ない範囲での高さが理想です。

 

二つ目は首のストレッチです。

ほとんどの場合、症状は片方に出ることが多いので

症状が出ている側を伸ばすストレッチになります。

 

例えば左腕にしびれが出ている場合は

左の首の隙間がせまくなっているので

首を右前に倒してストレッチします。

 

やり方は上記の場合、右手を頭の後ろに当てて

頭を右前に倒して伸ばします。

 

これを10秒間×3セット、一日3回行います。

あまり強く伸ばしますと、筋肉が抵抗して

ストレッチが上手くいきませんので気持ちが

いいところで止めて下さい。

まとめ

実際に当院にみえる患者さんは

ある程度症状が進行している方が多いです。

 

話を聞いてみると

 

「直ぐに良くなると思った」

「湿布をはれば大丈夫だと思った」

「病院で骨には異常なし言われてから何もしなかった」

 

という共通点があります。

 

手から肩、肩甲骨やわきにかけて

しびれが出るまでは何もしなくても

良くなると思い込んでいる方が多いようです。

 

神経を圧迫してから治療を開始しても

直ぐに良くなることが少ないので、上を向いて

首が痛くなったら直ぐに治療を受けることをお勧めします。

 

椎間孔狭窄症は整形外科などの病院ではなくても

首の治療が得意な接骨院、整骨院、整体でも

症状を改善することができます。