整形外科でレントゲンを撮ってもぎっくり腰の原因が分からない場合、接骨院や整体の治療で早く良くなるのはなぜ?

  • ぎっくり腰で病院で診てもらってたけど異常なしと言われ薬と湿布だけで終わった
  • 朝起きた時に突然、腰が痛くて動けなくなった
  • 椅子から立ち上がろうとしたときに腰に激痛が走った
  • 中腰姿勢で仕事をしていたら腰が曲がったままになってしまった
  • 膝を伸ばして重たい物を持った時に腰の真ん中がギクッとした

整形外科での一般的な腰痛やぎっくり腰の治療

整形外科で診てもらうときは、最初に理学療法士であるスタッフ、もしくは

直接医師である先生からの問診の前後に、ほとんどの場合、レントゲン技師の方が

レントゲン写真を撮ります。

 

そこで骨に異常がない場合は問題なしと

診断され、痛み止めの薬(ロキソニン)や湿布などを処方され

安静にして数週間、様子をみることになります。

痛みが強い場合は、患部に直接、鎮痛剤の

注射を打つこともあります。

 

骨に異常がないと診断されても

患部の状態を触って腫れていないかなど

確認をしたり、腱反射や筋力の状態をチェックする

こともあります。

 

また、痛みがなくてもしびれがある場合は

神経を圧迫している可能性が高いので

神経が写るMRIの写真を撮って判断します。

(MRIは時間がかかるので直ぐに撮れないので

予約制になり数日後になることが多いです)

 

診察後は自宅で安静にするか

リハビリ室で理学療法士の先生が

マッサージやストレッチなどによって関節の

可動域を広げる治療をを行うのが一般的です。

 

ただ、患者さんが多い整形外科では、短時間の

診察、数分のリハビリになることがありますので

納得しない患者さんや、もしくは通院回数が増え

治るまでに時間がかかることがあります。

接骨院や整骨院、整体でのぎっくり腰の治療

治療方法は先生によって全く違います。

ですので接骨院で治療を受けても

他の接骨院では治療方法が異なることが多いです。

 

ぎっくり腰で全く動けない場合は

患部を氷水で冷やし、低周波、干渉波、超音波などの

電気を当てて、テーピングやコルセットで固定します。

 

その後、痛みが緩和した場合はしびれが

ない場合は骨盤や骨格の矯正を行って

関節の可動域を広げます。

 

ぎっくり腰の多くの原因は骨盤や

背骨の歪みが多いので、その部分を

矯正してあげると、スムーズに歩けるように

なるまで回復することがあります。

 

ただし、身体を動かすと痛みで出ることが

多いので、痛みのない骨格の矯正技術がないと

悪化する場合があります。

 

先生の治療技術は初診の場合は

分からないので、患者さんの声や

実際の施術動画を見て判断することに

なるかと思います。

 

また、ぎっくり腰でも骨盤の関節である

仙腸関節の捻挫、筋肉の捻挫、ヘルニアなどは

骨盤矯正や背骨の矯正をすると悪化するので

最初にしっかり問診、触診、検査をして

鑑別し身体の状態がどうなっているか

専門用語を使わず分かりやすく説明してくれる

治療院をお勧めします。

まとめ

個人的な意見としては

治療方針は各先生によって全く違うと思って

いいかと思います。

 

今はネットで多くの情報を得られますが

治療院選びで間違えない一番の方法は

自分と同じ症状で病院や接骨院、整体院に

通っている方から紹介してもらうのが一番かと

思います。

 

ホームページなどで書かれていることは

治療院側が出している情報なので、患者さんの声や

口コミ、他の先生からの推薦状が参考になるかと思います。

 

特に第三者の声は、具体的に書いてあると

信用性が高いと思います。

 

治療技術が高くても、最終的には

先生との相性や人間性、環境によって

治療効果が変わってくるので直感も大切だと

思っています。

その他の記事