産後、恥骨が痛くて歩けない!?教えて!恥骨結合離解(恥骨離解)の3つの原因と治療

  • 産前、産後から恥骨が痛い
  • 片側の股関節が痛い
  • 足のつけ根(鼠径部)が痛い
  • 長時間座ると痛い
  • 歩きづらい

恥骨離解とは

恥骨離解とは左右の恥骨が開いてしまい

恥骨付近に炎症が起き痛みが出る疾患です。

 

恥骨は左右の骨盤の前側にあります。

左右の恥骨の間には軟骨によって結合されていて(恥骨結合)

これによって恥骨同士がくっついています。

 

普段は離れることがないのですが

妊娠中や出産後は骨盤が広がるために

その時に恥骨が離解して痛みが出ます。

 

一度、離解してしまうと直ぐには元に戻らないので

動くと恥骨が動いて痛みが出ます。

 

ですので、恥骨離解後はほとんどの場合

安静にして骨盤ベルトを固定することが多いです。

恥骨結合離解の3つの原因

産前に恥骨が歪んだまま痛みを我慢して出産した

出産前に恥骨が歪んだまま出産をすると

恥骨離解が起きる可能性が高くなります。

 

理由は恥骨の歪みによって子宮穴が

狭くなり赤ちゃんが出にくくなるからです。

 

ですので、出産前に恥骨が痛い場合は

直ぐに恥骨を矯正して正常な位置に戻しておくことを

お勧めします。

 

骨盤矯正をしても恥骨の歪みが改善される場合が

ありますが、できれば直接恥骨を矯正したほうが

痛みが軽減し、恥骨離解のリスクが軽減します。

 

産婦人科によっては、恥骨の歪みはそれほど

問題視しないこともあります。ですが、骨盤ベルトをして

いれば大丈夫だと言われた患者さんが実際に出産後

恥骨離解が起きてしまい、その後も痛みが軽減しなかった

こともあったので、やはり出産前に恥骨を矯正しておく

ことは必要かと個人的には思います。

妊娠中や産後に横座りや固い椅子や床に座っていることが多かった

お尻を地面や床につけるとき

骨盤のなかの坐骨という部分が当たります。

 

妊娠中や産後は女性ホルモンによって靭帯が

緩んでいるので骨盤が歪みやすくなっています。

 

つまり、かたい場所に座ると、下から突き上げられ

骨盤がゆがみ、骨盤の一部である恥骨も歪むという

ことになります。

 

実際に長時間、椅子に座ったり、地面で横座りしていた

出産直後の患者さんが恥骨が痛くて来院したことがありました。

 

産前、産後は恥骨は歪みやすく、前後左右にゆがみます。

そして、恥骨周辺に痛みを訴えて、両手で押さえると楽に

なることがあります。

 

恥骨は一度歪むとなかなか元に戻らないので

恥骨矯正ができる病院や接骨院、整体で直ぐに

調整することをお勧めします。

 

恥骨の歪みがひどくなければ直ぐに

痛みが改善しますが、また元に戻ることがあるので

矯正した後に骨盤ベルトで固定することをお勧めします。

予定よりも赤ちゃんが大きく難産だった

赤ちゃんが予定よりも大きい場合に、破水や陣痛が起きても

出産が長引いてしまい難産になると恥骨が開いてしまい

恥骨離解が起きることがあります。

 

最近は難産になるケースは直ぐに帝王切開することが

多いですが、これは出産に対するリスクを減らすためです。

 

出産前は骨盤がゆるんでいるので、子宮が広がるのですが

体内で赤ちゃんが多く育った場合は、自然分娩できなくて

帝王切開しない場合は、先生が直接引っ張り上げて取り出す

ことがあります。

 

この時に直ぐに赤ちゃんが出ればいいのですが、時間が

かかった場合には骨盤が広がった状態が続くので、左右の

恥骨も広がってしまい、離解することがあります。

 

産後の痛みで最初は恥骨の痛みを気づかない場合が

多いですが、数日たっても恥骨付近の痛みが消えない場合は

恥骨離解の疑いがあります。

 

レントゲン写真を撮ると、左右の恥骨が開いて

隙間が大きく見えます。

 

産婦人科では恥骨離解が起きても、特に

処置することがなく、骨盤ベルトで固定し

痛みが引くまで安静にすることが多いです。

恥骨結合離解や恥骨炎の治療

当院での治療は恥骨の歪みの矯正、

骨盤矯正、恥骨とつながっている筋肉の緩和です。

 

そして産後の恥骨結合離解の方には治療後に

恥骨が歪まないように骨盤ベルトをしてもらいます。

 

恥骨は階段など足を高く上げたり

固い椅子や床に座ったり、足を組んだり

横座りをすると、直ぐにずれてしまうので

上記のようなことは、できるだけ避けてもらうように

アドバイスしてもらいます。

 

痛みは直ぐには引きませんが、治療後は

少しずつ引いて治っていきます。

 

痛みがひどく炎症が強い方には、患部を

氷水で冷やしてもらいます。

 

恥骨炎はサッカー選手にも多くみられる

疾患です。

 

臨床的には少ないですが、見落とすことが

多いので注意が必要です。

その他の記事