顔がほてって汗が止まらない  更年期障害

  • 月経不順
  • 顔がほてる
  • 吐き気がある
  • イライラする
  • 回りの環境が変わった

更年期障害とは?

更年期障害は、閉経前後の時期に

発症しやすく、特に45歳前後に

発症する人が多いです。

 

女性ホルモンの乱れにより

身体の調子が悪くなる自律神経失調症の

一つです。

 

 

 

更年期障害の原因は?

・卵巣の機能低下による女性ホルモンである

「エストロゲン」の減少によりホルモンバランスが

乱れることにより様々な症状が出ます。

 

・若いころに行った無理なダイエットや

不規則な生活や食事という生活習慣の

乱れが原因になっている場合もあります。

 

・更年期障害を発症する年齢になると、

子供の独立や、夫の定年、親の介護など

急激な環境の変化がある年齢なのでそれらが

原因となるときもあります。

 

 

 

更年期障害の症状は?

更年期障害には様々な原因があります。

 

症状としては、全身症状、精神的な症状、

消化器系の症状などがあります。

 

〈全身症状〉

・体のほてり、のぼせ

・頻脈(脈が速くなること)

・多汗(汗が止まらない)

・めまい、耳鳴り

・倦怠感、疲れやすい、疲れが取れない

・肥満、痩せ

・手足、顔のむくみ

・頭痛

・冷え性     などがあります。

 

〈精神的な症状〉

・イライラする

・うつ状態

・常に不安に駆られている

・物事に対して神経質になり過ぎてしまう

 

などがあります。

 

〈消化器系の症状〉

・食欲不振、過食

・吐き気

・頻尿       などがあります。

 

 

 

更年期障害の治療法は?

基本的には、病院に行くことを

おすすめします。

 

対処法としてはジョギングなどの

軽い運動で気分をリフレッシュしたり、

生活習慣(飲酒、喫煙を控えたり、睡眠をしっかりとるなど)

を改善することも効果的です。

 

 

 

その他の記事