親指と人差し指が曲がらない  前骨間神経麻痺

  • 母指と示指が曲がらない
  • 肘から手にかけて痛みがある
  • しびれもある
  • 腕を伸ばして頭を置いて寝ていた
  • 手でOKサインが出来ない

前骨間神経麻痺とは?

前骨間神経は、腕を走行している

正中神経が肘の辺りで分岐して、

手の母指(親指)、示指(人差し指)、

中指を曲げる筋肉を支配しています。

 

この前骨間神経が何らかの原因で損傷することで

様々な症状が出てくる疾患です。

 

 

 

前骨間神経麻痺の原因は?

・神経炎によるもの。

 

・上腕骨顆上骨折などの骨折により

神経を損傷させてしまうもの。

 

・円回内筋症候群による神経絞扼障害

によるもの。

 

・腕を伸ばしその上に頭をのせて

一晩寝たら発症する場合もあります。

 

 

 

前骨間神経麻痺の症状は?

・肘周辺や手の痛み。

 

・肘周辺や手のしびれ。

 

・母指、示指、中指の屈曲制限。

(曲げることが出来ない)

 

・指が曲がらないのでOKサインが出来ない。

(ティアドロップサインが陽性になります。)

 

・手をグーパーさせると環指(薬指)と小指しか

曲がらない。(祝祷肢位)

 

 

 

前骨間神経麻痺の治療法

基本的には、安静にし保存療法で

治癒していきますが、骨折などの外傷で

損傷した場合には手術が適用になる場合もあります。

 

関節の拘縮を防ぐために、曲がらない母指、示指、中指を

健康な逆側の手を使い曲げ伸ばしする運動もしましょう。

 

 

 

その他の記事