思春期に膝の上外側の部分が痛い   有痛性分裂膝蓋骨(二分膝蓋骨)

  • 膝の上外側が痛い
  • 思春期
  • 中学になり運動量が増えた
  • 膝を押すと痛みがある
  • 安静にしていれば痛みはそんなにない

有痛性分裂膝蓋骨とは?

・先天的に膝蓋骨(膝のお皿)が2つに割れていて

その膝蓋骨に力が加わることによって痛みが出る疾患です。

 

・先天的で痛みがないものなら問題はなく、

痛みが出るものを有痛性分裂膝蓋骨と言います。

 

・膝蓋骨は様々な部分で分裂しますが、多くは

膝蓋骨の上外側の部分で分裂しています。

 

 

 

有痛性分裂膝蓋骨の原因は?

・はっきりとした原因は分かっていませんが、

先天的なものに、筋肉の張力による繰り返しの

外力が加わることによって発生すると考えられています。

 

・筋力によるもの以外では、打撲などで膝蓋骨を打った際に

もとから分裂膝蓋骨だったものに痛みが出るようになり

有痛性分裂膝蓋骨になります。

 

 

 

有痛性分裂膝蓋骨の症状は?

・膝の痛み(特に上外側の部分)が主訴となります。

 

・膝を打腱器で叩くと痛みが出ますので、

診断の一助になります。

 

 

 

有痛性分裂膝蓋骨の治療法は?

・基本的には安静にすることで痛みは消え、

痛みが消えてからの経過は良好です。

 

・運動前後の下肢全体のストレッチやウォームダウンを

しっかりと行うことも大切で、有痛性分裂膝蓋骨を

予防するのにも大切になります。

 

・運動後のアイシング。

(運動後に痛みや腫れがある場合にはアイシングを

行ってください。)

 

 

 

その他の記事