突き指をしたら指の形が変形していた。。  指PIP関節背側脱臼

  • 突き指をした
  • 指勝変形している
  • 脱臼
  • 指が異常に反ってしまった
  • 変形しているのを直そうとしたら直ぐに治った

指PIP関節背側脱臼とは?

・指のPIP関節(いわゆる第二関節)が

突き指などの過伸展(関節の可動域を超えて

反り返ってしまうこと)の外力を受けることで

背側(手の甲側)に脱臼してしまう外傷です。

 

・指PIP関節背側脱臼は特に示指(人差し指)に

多いです。

 

 

 

指PIP関節背側脱臼の原因は?

・突き指。

 

・指の先に急激な過伸展外力が加わることに

より発生します。

 

 

 

指PIP関節背側脱臼の症状は?

・脱臼した指の変形。

脱臼した骨が脱臼していない骨に乗り上げる

ので見た目は指が階段のような形になります。

 

・骨折の合併

脱臼をした時の外力で指の骨を骨折

してしまうことがあります。

骨折があるかどうかは見た目では判断が

難しいのでレントゲンでの判断が必要となります。

 

・痛みや腫れ、浮腫など

 

 

 

指PIP関節背側脱臼の治療法は?

・脱臼の整復(脱臼を直す作業)は比較的容易で

脱臼が発生した現場で直される場合が多いです。

 

しかし、氷水などで冷やして安静にし、

病院に行かずに放っておくと、骨折や靭帯損傷を

合併していた際に機能障害などが出てくる

可能性があります。

 

脱臼を整復してしまえば痛みがかなり和らぎますが

必ず病院に行くようにしましょう。

 

 

 

その他の記事