生後間もない赤ちゃんの首が傾いているけど大丈夫なのかな?   先天性筋性斜頸

  • 首が傾いている
  • いつも同じ方向を向いている
  • 産道が狭い
  • 首の横にしこりがある
  • 生後間もない赤ちゃんに発生する

先天性筋性斜頸とは?

・待望のお子さんの首がどちらかの方向に

傾いていたらビックリしますよね?

 

結論から申しますと、先天性筋性斜頸は

90%が自然治癒で治っていく疾患です。

 

では、説明していきますね

 

・先天性筋性斜頸は、胸鎖乳突筋と言う

首の両サイドについている筋肉の

どちらか一方が先天的に緊張してしまうことで

首が傾いてしまう疾患です。

 

 

 

先天性筋性斜頸の原因は?

・赤ちゃんが生まれてくる際は、

産道を通って生まれてきますが、

この産道が狭いことによって赤ちゃんの

首に圧力がかかり先天性筋性斜頸が

発症します。

 

 

 

先天性筋性斜頸の症状は?

・斜頸という名前から分かるように

首が傾いてしまい、常に首をかしげている

ような状態になります。

 

・また、生後数週間後には胸鎖乳突筋の

部分に目で視認できるほどの大きさの

しこりが出来ます。

 

 

 

先天性筋性斜頸の対処法は?

・先天性筋性斜頸は病名の感じからして

厄介そうな疾患と思うかもしれませんが

実は、患者の90%は1歳までには

自然治癒して、しこりも自然と消えるケースが

多いです。

 

 

その他の記事